TOP >作品データベース >オフィサー・アンド・スパイ

オフィサー・アンド・スパイ

みんなの感想/評価
「オフィサー・アンド・スパイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    17
  • 普通
    3
  • 残念
    2
総ツイート数
895
ポジティブ指数85
公開日
2022/6/3
原題
J’accuse
配給
ロングライド
上映時間
131分
解説/あらすじ
1894 年、フランス。ユダヤ系の陸軍大尉ドレフュスが、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で終身刑を宣告される。ところが対敵情報活動を率いるピカール中佐は、ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見。上官に対処を迫るが、国家的なスキャンダルを恐れ、隠蔽をもくろむ上層部に左遷を命じられてしまう。全て失っても尚、ドレフュスの再審を願うピカールは己の信念に従い、作家のゾラらに支援を求める。しかし、行く手には腐敗した権力や反ユダヤ勢力との過酷な闘いが待ち受けていた…。
©️ 2019-LÉGENDAIRE-R.P.PRODUCTIONS-GAUMONT-FRANCE2CINÉMA-FRANCE3CINÉMA-ELISEO CINÉMA-RAICINÉMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • shignak
    映画】オフィサー・アンド・スパイみてた。◎。ユダヤ系フランス軍大尉がスパイ容疑で囚人の前で軍装を剥ぎ取られ、投獄されたものの後年、彼の無実が、というお話。ユダヤ人は嫌いだが、全体主義的な反ユダヤではないフランス人中佐が主役。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『オフィサー・アンド・スパイ』現代にも通じる話。いつの時代にも組織の面子優先で、弱者に全てを押しつけようとする人達がいる。だけどいつの時代も、正しい事のために動く人もいるのね。みんな軍服と髭面で、役者の見分けがつかないよ(笑)!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『オフィサー・アンド・スパイ』映画だった。作家もゾラが出てきたがもっと演説シーンで魅せるとかそういうのがなかった。単なる老人作家的な良識。まあユダヤ人嫌いな軍人でも正義を貫くという信念の映画だった。あとユダヤ人差別のシーンがナチス時代と重なっている。水晶の夜的なシーンとか。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『オフィサー・アンド・スパイ』軍人の裁判映画(そうなるのは当然なんだろうが)で、当時のブルジョア(ユダヤ系)勢力のエポックメイキングな時代を観られると思ったのだ。少しはそんな感じだったが、もっと『失われた時を求めて』を期待してしまった。結局フランス軍人の中にも正義な人はいるという
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『オフィサー・アンド・スパイ』監督がロマン・ポランスキーだった。あまりポランスキーらしくないというか枯れてしまったのかな。軍隊映画なんでそれなりに映像はいいんだけど、「ドレフュス事件」の映画として観に行ったのでちょっと期待外れだった。それはプルーストとか出てくると思ったが、
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『オフィサー・アンド・スパイ』(19/仏/伊) 「ドレフェス事件」が冤罪だと気づいてしまった情報将校の実話に基づく社会派サスペンス。主人公を正義の人というより何者にも捉われない自由人という視点で描いているのが興味深い。
    いいね

    良い
  • yukigame
    『「#オフィサー・アンド・スパイ」いつの時代も偉くなると汚い事をしちゃうのかしら。真実を伝えなきゃ。』 #フランス映画 #歴史 #サスペンス #ドレフュス事件 #ユダヤ人 #実話 https://t.co/ftqzPGDhSM
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『オフィサー・アンド・スパイ』舞台は法廷へ。そこで何か、鮮やかな逆転劇があるのかと思いきや、そういう訳でもない。ロマン・ポランスキーにしては切れが悪く、何だかモヤモヤが残る感じ。ダン・デュジャルダンの演技が、なかなかいいだけに残念。
    いいね

    普通
  • estate_la
    『オフィサー・アンド・スパイ』本日鑑賞。 世界史で習ったドレフェス事件は風刺画で 印象にあったが、なるほど人種差別が根底に あってエミールゾラが擁護したんだ。勉強に なると同時にフランスの良心ある主人公に リスペクト大。
    いいね

    良い
  • namino8na
    『オフィサー・アンド・スパイ』差別が根底にある事象は、なんとも後味が悪い。国家を盲目に信じる群衆の力が正義を覆い尽くしてしまう。いつの時代も
    いいね

    普通
  • GD_momoco
    『オフィサー・アンド・スパイ』後半の裁判シーンに行くまでがかなり長く感じた。これは本当に相当な覚悟があったのだろうと思う。それぞれの守るべきもの、守りたいものを考えるとさらに…予想してなかったラストシーンはなかなか驚きでした。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『オフィサー・アンド・スパイ』ドレフュス事件を映画化。物語は淡々と進むので、人によっては退屈に感じるかも。しかもラストでモヤモヤ。でも、ポランスキー監督にとってはここが一番重要だったのでは。法律を守るだけでは本当の正義とは言えない。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『オフィサー・アンド・スパイ』@ TOHO日本橋♪今の話としてみても違和感ないし、それゆえにラストへの共感というか思うところがめちゃめちゃあった。話分からないまではいかないけど、みんな似てたり会話で名前出まくりでついてくのがやっと。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「オフィサー・アンド・スパイ」TOHO日本橋で鑑賞。1894年フランスで発生したユダヤ人への冤罪「ドレフュス事件」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化。文書改竄、証拠捏造と現代の日本にも通じる権力の闇は世界共通。長年、無意識に刷り込まれたユダヤ人への差別意識が本作の肝か
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『オフィサー・アンド・スパイ』フランスにおける反ユダヤ主義とも軍部の全体主義による冤罪事件とも、歴史的概観の知識が浅くて理解不十分だった。ユダヤ人の老監督が、ドレフュス事件に込めた想いを演じるルイ・ガレルの上手さよ!また、ハゲ役。
    いいね

    良い
  • LUCKYCL06401923
    『オフィサー・アンド・スパイ』…映画は時代を映す鏡である。同時に監督を映す鏡でもある。監督がこのような題材を選ぶということは偶然ではない。その意味はきっと真面目で優秀な人ならすぐに推察できるものだろう。そうでなければ愚かだ。
    いいね

    残念
  • snake954
    『オフィサー・アンド・スパイ』みる。
    いいね

    良い
  • dwpcs477
    『オフィサー・アンド・スパイ』体調が万全の時に見ないと途中、睡魔で間が飛んで意味不明になってしまいました。学生時代の仏語授業を思い出します。
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    #オフィサー・アンド・スパイ 19世紀末、フランスを揺るがした大冤罪事件。腐敗した権力への反感と無意識のユダヤ人嫌悪、複雑さを抱え真相を追う主人公が自身を省みる姿が横軸となり、よりスリリングに。フランス映画人による超豪華な歴史大作
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『オフィサー・アンド・スパイ』主役がスパイ容疑者でなく、容疑に疑問を持ったエリート上官なのが面白い。ストーリーは実話に基づいたもの。世紀末の雰囲気と一度決定したら変更しない旧式軍隊の思考。追い詰められスリラーサスペンスの味わい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    frodopyon
    2591movies / tweets

    follow us