TOP >作品データベース >さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について

みんなの感想/評価
「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    4
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
158
ポジティブ指数100
公開日
2022/6/10
配給
ムヴィオラ
上映時間
178分
解説/あらすじ
時代は 1931 年のベルリン。狂躁と類廃の 20 年代から出⼝のない不況へ、⼈々の⼼に⽣まれた空虚な隙間に⼊り込むように、ひたひたとナチズムの⾜⾳が聞こえてくる。どこか現代にも重なる時代、作家を志してベルリンにやってきたファビアンはどこへ⾏くべきか惑い、⽴ち尽くす。コルネリアとの恋。ただ⼀⼈の「親友」ラブーデの破滅。コルネリアは⼥優を⽬指しファビアンの元を離れるが……。
© 2021 LUPA FILM / DCM Pictures / ZDF / Arte
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tamagawajyousui
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』児童文学作家エーリッヒ・ケストナーの大人向け長編小説を、トム・シリング主演で映画化した本作は、映像コラージュや往年のベルリンの美しさを際立てる描写などを駆使して世界観を再現する。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』 ★★☆ いつかやろうやろうと思ってた事をやらなかったが故のラスト。でも人はそんな万全の準備や時代への対処が即出来るものでもないのかも。悩み困惑しながら歩みを前へ進めるしか。
    いいね

    普通
  • usako_usagiclub
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』複数の監督が演出したのかと思うほど、場面によってテイストが異なり、登場人物のキャラにも首尾一貫性がないことに困惑。でも、これが1931年のベルリンということなのだろう、と解釈した
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #さよならベルリンまたはファビアンの選択について 不況や腐敗に蝕まれた街で、僅かな幸せすら奪われる青春哀歌。前衛的な映像や音楽の軽妙さが余計に堕ちていく良識を深刻に映し、その荒廃の隙に台頭するナチズムが現代を反映し、重い気持ちに。
    いいね

    良い
  • Toyono2010
    長編ですが、冒頭から不思議な音楽使いと斬新な映像に引き込まれて楽しめました。30年代の建物やファッションも素敵。劇中の詩や朗読も印象的で、ケストナーの原作を読んでみたくなりました! #さよならベルリンプレゼント
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kyamokyamo
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』上映後ちょうどお昼の🇩🇪から主演トム・シリングのQ&A✨“人生と愛についてのドイツらしい作品“として、また現代との共通点etc.お話し頂き、ちゃっかり新しいアルバムも見せてくだ… https://t.co/DmoKWG7sZc
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』原作は児童文学のケストナー☆作家志望の青年ファビアンの恋人&親友&母親との関係や想い、90年前の街中や人々の様子が記録映像を挿入したりコラージュしたりして描かれるのですが、衝撃… https://t.co/f0n9U5arJx
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』1931年ベルリン、2つの世界大戦の中間、第一次大戦の敗戦国ドイツでナチスが台頭しつつある不安定な中の退廃した雰囲気の表現がお見事✨細部に至る芸術ポイントもさすが職人の国です👀… https://t.co/OIqDQC3dpj
    いいね

    良い
  • y_witch
    昼食後、バスで吉祥寺へ。「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」を見てきた。猛暑日の午後の過ごし方としてはベストだわね。1931年のベルリン、戦争の傷跡も時代の切迫も退廃も……ああ、ファビアン、なんて人なの。ファビアンのママが素敵だから尚更。
    いいね
  • inv3ce
    「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」最初はぼうっと観る感じで観始めたのですが、非常に映画らしい、良い映画。冒頭、現代の地下鉄の駅から地上に上がると1931年のナチス前夜のベルリンに。モダンな編集センス、古典的な音楽の使い方。この余韻こそが映画。
    いいね
  • su_sua_su
    本当は『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』を見てからベストを出したかったが、日程が合わず、やむなくベストを出しました🥲今年中には見ます。上半期は間に合わなかったけれど年間ベスト候補だと見る前から思っているので… https://t.co/170iJQgtRF
    いいね
  • Aktion_1895
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』 ナチ台頭前夜のワイマール共和国を舞台にした1人の青年の軌跡。手持ちカメラ、荒い画質、記録映像等駆使する事で当時の世界へ誘うが、その多様な語り口に少々混乱する。恋、友情、仕事… https://t.co/pgUGOL2rW2
    いいね
  • chiisaiouchihon
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』を観賞。ケストナーといえば数々の児童書のイメージでしたが、先日『エーリッヒ・ケストナーこわれた時代』(偕成社)を読み認識を新たにしたところでしたので、より興味深く観ることができ… https://t.co/ueagyJEUK8
    いいね
  • chloe7513
    「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」を観た。 久しぶりのドイツ映画。 どんな時代でも どんな惨めな状況でも 人は恋をするし、 そんな時だからこそ誰かを愛したいのね。 主人公の恋人の女優が 映画のオーディションを受けるシーンが とてつもなく美しかった。
    いいね
  • rirareizyoumt
    映画「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」鑑賞。「飛ぶ教室」ケストナーの長編小説を映画化 178分長すぎる。寝なかった自分が凄い。長いのに、あっけない主人公の終わりに驚く。打ち切り漫画みたいな投げっぱなしのラスト この映画を見て原作を読みたいと思う人いないと思う。
    いいね
  • alichenmina
    「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」のトム・シリングとザスキア・ローゼンダールが出演。 https://t.co/7xCn2lNSlR
    いいね
  • ochapyonpyon
    昨日観た『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』。ケストナーの大人向けの長編小説が原作で、昔読んだことはあるもののラストも含めて忘れかけた状態でみはじめたのに、途中でラストを思い出してしまって、何で今思い出しちゃったんだ…という状態に。
    いいね
  • lulbirdland
    『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』鑑賞。すごくよかった… 冒頭の地下鉄の映像からあ、この映画好き…と思いました。ナチス台頭前の退廃的でどことなく不穏なベルリンの空気の中で、ファビアンの恋、家族、普通が心にしみま… https://t.co/pZ4i9XU6N5
    いいね
  • inv3ce
    「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」パンフが、紙質、内容含め満足度高い出来。有名人のコメンタリーの中では唯一、七尾旅人さんが本作の音楽的魅力に言及されてます。あと、監督のこの言葉がこの映画の魅力を何よりも語ってい… https://t.co/N0NrqDWaRd
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    3165movies / tweets

    follow us