TOP >作品データベース >戦争と女の顔

戦争と女の顔

みんなの感想/評価
「戦争と女の顔」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    16
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
647
ポジティブ指数100
公開日
2022/7/15
原題
Dylda
配給
アットエンタテインメント
上映時間
137分
解説/あらすじ
1945 年、終戦直後のレニングラード(現サンクトペテルブルグ)。荒廃した街の病院で、PTSD を抱えながら働く看護師のイーヤは、ある日後遺症の発作のせいで、面倒をみていた子供を死なせてしまう。そこに子供の本当の母で戦友のマーシャが戦地から帰還する。彼女もまた後遺症を抱え、心身ともにボロボロの二人の元女性兵士は、なんとか自分たちの生活を再建するための闘いに意味と希望を見いだすが...。
© Non-Stop Production, LLC, 2019
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • a19660819
    ④『#戦争と女の顔』本作の様な凄い映画を観てしまうと、他の作品観ても比べてしまう。武蔵野館で久々会った映画好き知人より、「ノーベル文学賞受賞の作家作で、俺、Eテレ『100分de名著』観たんだよ」マンガにもなっているそうで必見‼️ぜひ
    いいね

    良い
  • a19660819
    ③『#戦争と女の顔』マーシャはどうにか子供を作ろうとするが、その器官が無い!と医者に言われてしまい、イーヤを身籠らせようも腰掛ける。内容が残酷過ぎ、戦争シーンが1度も映らない戦争映画観て様々感じて欲しい!ラスト彼女らには光射すのか?
    いいね

    良い
  • a19660819
    ②『#戦争と女の顔』PTSD負ったイーヤ(どれだけ酷い経験したのか)は、同僚だったマーシャの幼い男の子代わりに育てているが発作起こし子に覆い被さり窒息死させてしまう。特に責めないマーシャだが子供をどうにか作ろうとイイ家の童貞男を誘惑
    いいね

    良い
  • a19660819
    ①『#戦争と女の顔』若干20代=28歳の女性監督が撮り上げた、戦争シーンは一度も映さず、終戦後のレニングラードで帰還した女性兵士2人で「戦争」の恐ろしさ描く凄さ。物語ついていけるがあまりに恐ろしい内容でずっと辛い!
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #戦争と女の顔』対独戦勝利後ながら傷病兵を多数収容するロシアの病院を舞台に自らもPTSDを患う看護師と戦地で産んだ子を彼女に預けた訳有の戦友が子供の死を経て院長や良家の童貞男を巻込みつつ前を向いて逞しく生きる姿に魂が揺さぶられる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『戦争と女の顔』戦闘シーンこそないが恐ろしい内容に驚愕。女性兵士の役割に超然自失。現在進行中のウクライナでの実態とも被る。旧ソ連の不都合な真実なのか。女性達の何気ない会話、男性兵士達の存在。後半に従って判明していく真実。戦争は嫌だ。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『戦争と女の顔』必見!終戦直後、様々な傷を負ったままレニングラードで暮らす人々の物語。戦争は人々の命だけでなく、計り知れないほど多くのものを奪い、すでにあった問題を悪化させる絶対悪。戦争をしないため私たちは最大限の努力をしなければ!
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『戦争と女の顔』鑑賞前からストーリーは決して明るくないとは思っていたが、想像以上に暗く重いものだった。が、嫌な感じは全く無く、2時間強の上映時間、ずっと見入っっていた。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『戦争と女の顔』観てきた。戦地で精神的な傷を負ったイーヤと肉体的な傷を負ったマーシャの二人の元女性兵士が帰国した旧ソ連で生活を描く。朴訥なイーヤと露悪趣味なマーシャ、性格は異なるがお互いを補完する共依存とも云える友情と愛情の物語。
    いいね

    良い
  • garancear
    『戦争と女の顔』アレクシェーヴィチの本とは直接関係ないプロットだが戦争で深く傷ついた女性達が傷を抱える者同士生き抜こうとする過程に息を呑む。早起きして見てよかった。背が高いティルダ様似のイーヤとハスキーボイスでスカヨハ似のマーシャ。 #映画
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『戦争と女の顔』スベトラーナ・アレクシエービッチによるノンフィクション「戦争は女の顔をしていない」を原案に、第2次世界大戦後のソ連を舞台に、PTSDを抱えた2人の元女性兵士が自らの生活を再建する為の闘いに意味と希望を見出す様を描く。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『戦争と女の顔』イーヤが守っていたんだけど守りきれないことばかりだったのだ。最後が『アンナ・カリーナ』だったのはロシア映画の伝統か?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『戦争と女の顔』最初のっぽさんのイーヤがPTSDで苦しんでいる映画かと思ったら、戦友だった女とのレズビアン的関係とか、その後の告白とか壮絶すぎた。自民党の女性幹部みたいな官僚夫人も出てきて、そのシーンも息を飲む展開。ラストは号泣だった。イーヤの空っぽというセリフも涙を誘う。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『戦争と女の顔』これは脚本が良かった。本と違うと言っている客もいたが、映画ではよくある。それに題名だって違うのだから。アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』の証言をヒントに脚本を作った感じでセリフの中には生かされていた。下着とか可愛いスカートに憧れるとか。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #戦争と女の顔 欺瞞の戦勝と癒えない戦傷、戦後社会の地獄を生き抜く2人の女性。言葉にならない心の音を託した緑と虚ろな笑顔を拒むように滴る真紅の血、寂寥の世界を染める色彩の心象が鮮烈。悲しくて痛々しい絆が、ぎこちなくも愛と希望を謳う
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    看護師の長身女性イーヤが映るも、耳障りなノイズが鳴り響いた途端、瞳孔が開いて硬直状態に…この冒頭のシーンでもう惹きつけられてしまった。イーヤと知人マーシャ、PTSDを抱えた2人の女が安息を求めるも、その道はあまりに険しい。心情を表す緑と赤の色彩が巧妙。今こそロシア映画が熱い。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • oubei_akita
    (長)フォーラム仙台でバラゴフ「戦争と女の顔」。過酷な設定だが、マーシャ役の生き生きした表情とか、暗く沈んだだけの映画ではない。ロシア映画として戦争と女性のテーマでここまで描き切ったのはやはり素晴らしいこと(日本含めた他地域でもそうそうないのでは
    いいね
  • chat171__
    昨日『戦争と女の顔』でジャックベティ行って、絶妙に遠いし、朝早くて眠くて冒頭眠気との闘勝ってた記憶が若干優勢
    いいね
  • greenray2012
    『戦争と女の顔』、ここ数年観たロシア映画の中ではベストだった 監督まだ20代だったのも驚愕
    いいね
  • mikechancon
    『戦争と女の顔』観て、久しぶりにトラウマ級の胸糞映画で呆然としている…… 早く忘れてしまいたい…でもこういう映画はいつまでも忘れられないんだよね…😭😭😭
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3737movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us