TOP >作品データベース >アウシュヴィッツのチャンピオン

アウシュヴィッツのチャンピオン

みんなの感想/評価
「アウシュヴィッツのチャンピオン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    11
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
152
ポジティブ指数100
公開日
2022/7/22
原題
Mistrz
配給
アンプラグド
上映時間
91分
解説/あらすじ
第2次世界大戦最中の 1940 年。アウシュヴィッツ強制収容所に移送される人々の中に、戦前のワルシャワで“テディ”の愛称で親しまれたボクシングチャンピオン、タデウシュ・ピトロシュコスキがいた。彼には「77 番」という“名”が与えられ、左腕には囚人番号の入れ墨が刻まれた。十分な寝床や食事を与えられることなく過酷な労働に従事させられていたある日、司令官たちの娯楽としてリングに立たされることに―。
© Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』なんとなく呆然としながらカタルシスは得ることはない。実際は勝利しているのに敗北感につかれるのは、それがナチスの敷地内で行われている娯楽であるということ。それが映画の中でいつまでも続くのだ。最近のお涙頂戴の日本の戦争映画とは正反対な感じがする。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』仲間は無惨に殺されるしガス室のシーンも悲惨(直截描写はないのだが)。ただボクシング映画としては面白いかな。このチャンピオンが防御スタイルのボクサーだからハードパンチをかわすシーンがなんともスリリング。この役者は経験者かもしれない。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』アウシュヴィッツ映画としては、ポーランド映画の伝統なのか不条理観。最近の日本の映画の戦争ものはこういう映画が少ない。どこか感動映画にしてしまいがちだけど。救われるのはチャンピオンと呼ばれた男だけで、それも後のエピソードで解放されジムを開いたと。
    いいね

    良い
  • estate_la
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』伏見ミリオンで鑑賞。ポーランドの元チャンピオンが余興として試合してパンを 稼ぐ。ナチの悪行がこれでもかと出てくる。実話らしく最後は良かった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #アウシュヴィッツのチャンピオン』永遠に語られるべきナチスによる民族浄化と財産強奪の実態を元ポーランドのボクシング選手だった実在の人物の半生を通じ描く。非人間的行為の連続の中で彼の活躍と捕虜特に少年との一瞬の絆に心を揺さぶられる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』戦争実話。アウシュヴィッツを生き抜いた奇跡の男。ボクシング能力に加え人柄、回りのため人のためにファイトした事が結果繋がったのでは。過酷な現実にも思いやりを持ち人間らしい。逆にナチス兵は人間に思えぬ。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』ポーランドのボクサー、T.ピトロシュコスキが、過酷な強制収容所生活の中、ボクシングを通して仲間を支えた物語。いつ殺されるかわからない絶望的な状況で、自分を犠牲にしても他人を助ける…私には到底できない
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #アウシュヴィッツのチャンピオン 強制収容所で遊び半分で奪われる命。娯楽で消費される事に苦悩しながら、不屈の闘志を示すテディを演じた主演俳優の寡黙さが説得力抜群。点描される子供たちの物語が、苦い救済へと転ずるラストには複雑な心境。
    いいね

    良い
  • garancear
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』ナチ非人道全開のホロコースト映画で敢えて言えば目新しさはない。実在のボクサーの命懸けの闘いぶり不屈の精神を演じた役者は立派。強さは叩きのめすことではなく知的な攻め、守り隙を突いて勝つ様が彼らしい。 #映画
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』ホロコーストを生き延びたボクサー、タデウシュ・“テディ”・ピトロシュコスキの知られざる実話をもとに描いたヒューマンドラマは、絶望的な状況に置かれながらも不屈の闘志と尊厳を保ち続けた彼の半生を描く。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • tweeting_cows
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』を観た。単なる地獄の中の英雄譚にとどまらず、ボクシングの迫力、人としての尊厳、収容所内の美術、エキストラたちの作り出す細部のリアリティ、感動的なれど決して煽り立てる感じでは無い音楽など、作り手たちの才能と執念を感じさせる。
    いいね
  • gardens_cinema
    🕊️明日8/15(月)の上映 10時開館 定員33人 ※平和を祈る映画特集 10:20『WANDA/ワンダ』 12:35 『長編ドキュメンタリーひめゆり』※ 柴田監督オンライントーク付 15:30『アウシュヴィッツのチャンピオン』… https://t.co/DIOEVytUut
    いいね
  • gardens_cinema
    🕊️8/13㈯の上映 10時開館 定員33人 ※平和を祈る映画特集 10:20『アウシュヴィッツのチャンピオン』※ 12:20『野火』※ PG12 塚本晋也監督コメント動画付 14:05 「野火」メイキング 15:20🆕『WAND… https://t.co/5xpGIqTrjE
    いいね
  • sanbaku
    "脱出を試みた囚人が突然シャベルで頭を…映画『アウシュヴィッツのチャンピオン』本編映像" を YouTube で見る https://t.co/OkyRyCKQyC
    いいね
  • kyoto_masa
    「アウシュヴィッツのチャンピオン」@ 新宿武蔵野館にて。第2次世界大戦中の1940年。アウシュビッツ強制収容所に移送されたタデウシュ・“テディ”・ピトロシュコスキの左腕には、77番という番号の入れ墨が刻まれる。ポーランドの実在のボ… https://t.co/QPHhKrQrTs
    いいね
  • gardens_cinema
    🔔明日8/12(金)の上映 10時開館 定員33人 ※平和を祈る映画特集 10:20『リフレクション』※🔚 13:00『アウシュヴィッツのチャンピオン』※ 14:55『ドンバス』※ 17:20『あなたの顔の前に』🔚 19:05『戦… https://t.co/lCmrRlWc4J
    いいね
  • mit0919Sahne
    『アウシュヴィッツのチャンピオン』を観てきました。実在したボクサーの実話を下地にしつつ、虚実折り混ぜて魅せる作品。生きる意志と肉体美を重ね合わせた作品の訴えと、死と娯楽の隣り合わせに居心地の悪さも同居する。収容所内のいろんな立場(… https://t.co/kSVYAhyBOI
    いいね
  • hidgepaso
    明日昼間に時間があって、スケジュール的に観られそうな・観てもいいなという映画が『アウシュヴィッツのチャンピオン』と『PLAN75』の2択なんですが、どちらか(あるいは両方)観た方がいらっしゃったらオススメかどうか伺いたいです。
    いいね
  • Ando_Tomoyuki
    映画「アウシュヴィッツのチャンピオン」ユダヤ人絶滅キャンプの前身となる政治犯収容所が舞台。その過酷な描写は数々のホロコースト物の中でも屈指。収容者やポーランド人看守、ナチ親衛隊の将校やその家族、主人公の熱量までが大仰な描写を排して… https://t.co/8GMgaGDBPl
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    tamagawajyousui
    2909movies / tweets

    follow us