TOP >作品データベース >愛する人に伝える言葉

愛する人に伝える言葉

みんなの感想/評価
「愛する人に伝える言葉」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    17
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
274
ポジティブ指数100
公開日
2022/10/7
原題
De son vivant
配給
ハーク、TMC、SDP
上映時間
122分
解説/あらすじ
バンジャマンは人生半ばで膵臓癌を宣告され、母のクリスタルとともに、業界でも名医として知られるドクター・エデを訪れる。二人は彼に一縷の希望を託すのだが、エデはステージ4の膵臓癌は治せないと率直に告げる。ショックのあまり自暴自棄になるバンジャマンにエデは、病状の緩和による生活の質を維持するために化学療法を提案し、「一緒に進みましょう」と励ます。ドクター・エデの助けを借りて、クリスタルは息子の最期を出来る限り気丈に見守ることを心に決めるのだが…。
© Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『愛する人に伝える言葉』そのなかで演劇の先生を演じたブノワ・マジメルは、数々の賞を受賞しているだけあって、がん患者がやせ衰えるところを見事に演じきる。最初は我儘な患者に過ぎないと思っていたのだが。彼が辿ったやり切れなさや未練を上手く伝えていると思った。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『愛する人に伝える言葉』テーマは終末医療の映画なのだが、一番感動したのは、演劇学校の生徒たちが別れのシーンを演じるシーン。演技の練習風景だとわかっているのに泣けてしまうのだ。感情が演技者の中からほとばしる。それは誰かの役を演じているというのではなく、自分の中から出てくる虚構性。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #愛する人に伝える言葉」終末期医療とはどうあるべきかという事を良く描いていたと思います。#フランス映画 #ヒューマンドラマ #終末期医療 #膵臓癌 #カトリーヌ・ドヌーヴ https://t.co/wjjaJ8v4ZC
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『愛する人に伝える言葉』余命を宣告されたとき、人はなにを思うのか。主治医が本当のがん専門医とは!残された日々の医療や人間関係を良好なものに導いてくれる。心置きなくあの世にいきたいので、あの5つの言葉は覚えておこう。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #愛する人に伝える言葉』末期癌患者とその母親を中心に訳有り関係者達の人間模様も交えつつ残された時間を支える医療従事者達の真摯な姿を描く。患者の運命に本人や家族以上に動揺する医療スタッフ達を正しく導く主任ドクターの取組が感動を呼ぶ。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『愛する人に伝える言葉』明るい映像。本物の医師その人が演じる暖かな表情。感銘を受けた監督が演じるなら彼しかいないと判断した理由がわかる。メロドラマでもあるが登場する全てが主人公かとも思う丁寧な描き方だった。職場としても素晴らしかった
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『愛する人に伝える言葉』ステージ4の癌で余命わずかである主人公。その息子の残り少ない時間を過ごす母親。こんな設定なのにお涙頂戴ではなく、淡々と過ぎる時間。現実はこういう感じなのかも。病院が、ここで最期を!と思ってしまう素晴らしさ。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『愛する人に伝える言葉』ドヌーヴとブノワ・マジメルによる余命もの。その親子に加え医療側や関係する者達の命題や心情もしっかり描く。演劇や講和を利用した見せ方も面白い。さすがに要素が多過ぎだし演出や音楽がメロドラマ過ぎでは。ただもっと静謐だと涙で普通に見てられなくなるとは思うが。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『愛する人に伝える言葉』ステージ4の膵臓癌を患う教師と彼の母親、そして二人を支える医師(俳優ではなく本物の医師!)と看護師たち。日本とは明らかに異なる病院スタッフのミーティング風景と主人公から教え子への最後のメッセージが非常に印象的
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #愛する人に伝える言葉 終末医療の持つ無力感とそれでも患者と誠実に向き合うプロたちの温かさの按配がお涙頂戴のメロドラマに傾倒させず見事。自分が死んでも何も変わらないが、何かを遺したいと強く思わせるノンフィクションの趣きが余計沁みる
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『愛する人に伝える言葉』母一人子一人、癌で余命宣告の40代独身の息子を看取る不幸な母親がカトリーヌ・ドヌーブとは、イメージに合わないのではと思ったが、どうしてなかなか、親子の姿が切ない。そして、息子との関係が深いもう1人の存在に涙。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    #愛する人に伝える言葉』。仏映画ゆえ、冒頭の台詞にゴダール氏が脳裏をよぎる。当初、メロドラマ的な映画を創る予定だったそうだが、プロの視点をを取り込むことにより、安易な泣きの作品となることを回避。母が息子を抱えるシーンは絵画のよう。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『愛する人に伝える言葉』カトリーヌ・ドヌーブとブノワ・マジメルが共演し、ガンで余命宣告を受けた男とその母を描く本作は、限られた時間の中で人生を見詰め直し、「人生のデスクの整理」をしながら、静かに死と対峙していく様を浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • garancear
    『愛する人に伝える言葉』いい映画だった。地下鉄のヘンな穴で腹の出たおじさんだったマジメルが末期癌の役作り。あの病院で死にたいと本気で願う素晴らしい末期ケア。自分も誰も幸せにせず自分が死んでも何も変わらない人生だが、彼は色んな人に愛されて羨ましい。 #映画
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『愛する人に伝える言葉』エデ医師の信条はウソをつかない事のはずなのに、彼のアイディアなのか秘密裏に提案した内容があまりにも医療従事者ならではの温もりに満ちていて、意外と楽しげなシーンでもあったのに、この時ばかりは目頭が熱くなりました
    いいね

    良い
  • kmrks
    『愛する人に伝える言葉』鑑賞。 ブノワ・マジメルの美貌必見。あとは見た人だけがわかるカトリーヌ・ドヌーブの怪力シーン。どう受け止めたら良いのかあれは。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『愛する人に伝える言葉』(De son vivant)鑑賞。168 原題活かすと焦点がぼやける。上映トークショーでメロドラマと連呼されていたのも疑問。メロドラマなら観ないかも。 #eiga
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kyamokyamo
    #愛する人に伝える言葉』笠井信輔アナウンサー自身のたくさんの治療中映像と共に作中の医師や現在の医療について、奥さまから当時の様子を伺い、昭和の常識では測れなかった諸事情に気付かされ、包み隠さず伝えることに使命を感じてらっしゃる様… https://t.co/jAd5bJn9Au
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #愛する人に伝える言葉』余命宣告を受けた男と母親が人生を見つめ直すドラマでありながら、エマニュエル・ベルコ監督のインタビューを受けた実際の医師&看護師たちが演じるノンフィクションな誠実さに感銘を受けました死が日常の延長にあるこ… https://t.co/g1gJhdI6jF
    いいね

    良い
  • Gatty_C
    『愛する人に伝える言葉』ガン治療の専門医が監修していて(その先生ご本人が主人公の主治医を演じている)終末医療のいろんなあり方を考えさせられる。息子の描き方がすごくよかった。会ったこともない、自分を見捨てた父の臨終にどう接するか。演じ手の初々しくまっすぐな佇まいが役柄にぴったり。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3526movies / tweets

    follow us