TOP >作品データベース >そばかす

そばかす

みんなの感想/評価
「そばかす」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    56
  • 普通
    1
  • 残念
    6
総ツイート数
163
ポジティブ指数91
公開日
2022/12/16
配給
ラビットハウス
監督
キャスト
解説/あらすじ
物心ついた頃から、「恋愛が何なのかわからないし、いつまで経ってもそんな感情が湧いてこない」。自分に不安を抱きながらも、マイペースで生きてきた蘇畑佳純は30歳になった。大学では音楽の道を志すも挫折し、現在は地元に戻りコールセンターで苦情対応に追われる。妹の結婚・妊娠もあり、母から頻繁にプレッシャーをかけられる毎日。ついには、無断でお見合いをセッティングされる始末。しかし、そのお見合いの席で、佳純は結婚よりも、友達付き合いを望む男性と出会う…。
©2022「そばかす」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    #そばかす みんなが同じだったら、楽な人生を送れるんだろうけど、価値観は人それぞれ。理解は無理でも、許容する心は持ちたいなと。素の好意の表し方って難しいな。たいてい、恋愛向けの表現しか、共通認識としては持ち合わせていないから。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『そばかす』この豪華メンバーに、癖ツヨ役者様たちが、はじけてない。舞台だったら成立したのか…田村健太郎の使い方、背中だけ?悲しみ〜
    いいね

    残念
  • tetsukichi
    『そばかす』 タイトル名に関していうと主人公には特徴的なそばかすは無い。いわゆる「そばかす」とは無縁だけど、映画を観ると「なるほど、これが『そばかす』の意味なのね…」と気付く。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『そばかす』観てきた。他者に対して性的欲求(や恋愛感情)を抱かないセクシュアリティという「Aセクシュアル」にスポットを当てた物語。もし自分が好きになった人が「Aセクシャル」だとしたら…と仮定するとイロイロ考えさせられる佳作。
    いいね

    良い
  • uoa3
    【そばかす】恋愛感情がわかない女性30歳。親は勝手に見合いの準備を進める…なんでも恋愛に結び付けられるのはうんざりする。あの紙芝居最後まで見たかったなぁ。どんなオチなんやろ。独特な存在感の三浦透子が気になる。抑え目な三宅マンも好き
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    『Revolution+1』同様、題材の選択には敬意を表すが、描き方には問題ありだ。 多くの場面が解像度の低い引きの長廻しで見るのに苦労する。悪しき相米慎二エピゴーネンかよ。
    いいね

    残念
  • Ishigakorogaru
    『そばかす』キノシネマ横浜みなとみらいにて鑑賞。この映画で世の中が変わればいいなあ。
    いいね

    良い
  • lenwst
    『そばかす』Aro/Aceかも?な人の日常が映画になり嬉しいです。三浦透子さんや北村匠海さんの表現が自分と重なり安心して観られました。全キャラの正直なぶつかり合いがつらいけど良い。苦しい思いを抱える人に届きますように。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #そばかす』 恋せぬ2人 想起する物語 恋愛に限らず、違いに悩む人にとってラストは強い希望。 三浦透子さん演技も主題歌も素敵です。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『そばかす』それに映画をカップルで見に行く奴は信用できない。そうだ。映画館が私がよく行く「ジャック&ベティ」だったのだ。そこだけは感動した。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『そばかす』元AV女優の気まぐれと言ってしまえばそれまでなのだが。そして自立していくにもラストに彼氏らしき男になりそうな者が現れるのも、今までのストーリーは何だったんだと思うような展開だった。王子様は要らないのじゃないのか?
    いいね

    残念
  • aoyadokari
    『そばかす』例えば元AV女優で自立しながら自分の意見を持っている女性と一緒に棲むことになるのだが、その後に結婚するからと彼女との共同生活を拒否してくる。そこが「シンデレラ」で結婚に拘らない女性をテーマにしながら彼女が理解していたと思った友達がつまらなそうな男と結婚する。
    いいね

    残念
  • aoyadokari
    『そばかす』彼女の不幸は家を出れないことで、そこまでの物語であるとは思うのだがなんか何がしたいのかよくわからない主人公になっている。それは自立してないからでそれをこの映画では描こうとしたのかと思うとちょっと違うような感じを受けるのだ。
    いいね

    残念
  • aoyadokari
    『そばかす』『ドライブ・マイ・カー』で注目された三浦透子主演の映画。『ドライブ・マイ・カー』のイメージそのままで、個性としては後退していると感じてしまった。それは『ドライブ・マイ・カー』ではドライバーという自立した女性であったが、この映画では実家にすがっている30独身女性なのだ。
    いいね

    残念
  • Mock_Turtle99
    『そばかす』恋愛感情を持てない女性の生き難さを演じる三浦透子は、決して美人ではないが、既に大女優の風格が漂い、映画を観る者を惹き付ける何かを持っている。ところで、何故、そばかす?と思ったら、「そばたかすみ」で、そば・かすだったのか。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『そばかす』現代社会の多様性を描いた。実際は多様性が認知される社会ではあるが、まだまだ生きにくさが存在する。一定の政治家達が声だかに叫んでも加速する多様性は止まらないよ。出演者達が瑞々しく配役もいい。当人達の満足する社会がいいよね!
    いいね

    良い
  • yukigame
    #そばかす」素敵な映画でした。どんなに生きるのが困難でも、周りに合わせる必要なんて無いんですよ。自分の幸せが一番です。#邦画 #ヒューマンドラマ #三浦透子 #前田敦子 #玉田真也 https://t.co/29cgfM5AQu
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『そばかす』多様性はLGBTQに限らずにまさに多様なのだと認識を新たに。「普通そんなことあり得ない」と言うことが駄目なのだ。他人と違ったり孤独な自分でも大丈夫と思いつつ同様のお仲間がいると安心するし嬉しくなるのは、やはりどこか自分を理解してくれる相手は欲しいということか。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『そばかす』KBCシネマ。恋愛感情も性欲も抱かず、周囲から理解を得られない30歳女性の葛藤を描く。主人公が日々感じている違和感や苦しみ、戸惑いを三浦透子が細やかに演じている。心の中で何度も頷きながら、笑って、泣いて、最後は彼女と一緒に走り出したくなった。まだまだ先は長いけど。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『そばかす』(22/日) Aセクシャルの生きづらさを真正面に据えたドラマ。LGBTまでは世間の理解がだいぶ追いついてきたが、その先のQIAとなるとまだまだ厳しいという現実が突き刺さる。友人役の前田敦子の存在感が素晴らしい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4841movies / tweets

    follow us