TOP >作品データベース >恋人はアンバー

恋人はアンバー

みんなの感想/評価
「恋人はアンバー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    21
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
95
ポジティブ指数95
公開日
2022/11/3
原題
Dating Amber
配給
アスミック・エース
上映時間
92分
解説/あらすじ
舞台は1995年、同性愛が違法でなくなってから2年後のアイルランド。同性愛者への差別や偏見が根強く残る田舎町で、自身がゲイであることを受け入れられない高校生・エディと、レズビアンであることを隠しているクラスメイトのアンバー。家族や同級生にセクシュアリティを悟られないように平穏に卒業を迎えるため、2人は”ニセモノの恋人”を演じることに!?性格も趣味も全く違う2人だったが、ぶつかり合いながらも、悩みや夢、秘密を打ち明けるうちに、唯一ありのままの自分をさらけ出せる、かけがえのない存在になっていく。しかし、一緒に訪れた都会・ダブリンで、特別な出会いを果たし、新しい世界に触れた2人は、”理想的”だったこの関係にも終わりが近づいていることに気づいてしまい…。
© Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • garancear
    『恋人はアンバー』恋愛とセックスのことばかり考えているティーンエイジャー。親や世間の期待に応えたい、自分らしくいたい、恋愛ではないが絆が大事で手放せない、田舎の閉塞感に耐えられない、いろんな葛藤。踏み出す彼らを応援したい。 #映画
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『恋人はアンバー』愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしないてブルーハーツの歌にあるけどそんなだったかもね彼。でもずっと続くものじゃない。其々に展開もある。若く瑞々しい姿に光を感じさせ、家族も救われるようだった。佳作。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『恋人はアンバー』愛らしかった。90年代アイルランドの高校。ゲイとレズしか区別はなく皆んなひたすら脳内あのことばかり。皆と同じでいたいのだ。こうありたい、いや人とは違う。せめぎ合い混乱するばかりの二人に何度も胸がいっぱいになった。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『恋人はアンバー』1995年まだLGBTQなんて言葉もない時代の保守的な田舎町で互いにゲイであることを隠すために付き合う偽装カップルの物語。面白おかしく描きながらもヘビーなテーマで切なくほろ苦い青春映画になってる。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『恋人はアンバー』同性愛者であることを隠す高校生エディとアンバー。アイルランドの田舎のカトリック系高校の1995年の実態(?)に驚愕と困惑。私が生徒だったら、あのビデオを見た時点で幻滅し、すぐに転校を決意してたわ…。ラストは思わず涙
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『恋人はアンバー』自分を受け入れられないエディと、強いアンバーとの関係が良い。お互いを支えられるはずの関係。1990年代のアイルランドって、みんな命がけで抜けだそうとするのね。そしてアイルランド舞台の映画って音楽が素晴らしい!
    いいね

    良い
  • yukigame
    #恋人はアンバー」ジェンダーレスと叫ばれ始めた頃のお話だと思います。考えさせられました。#アイルランド #ラブストーリー #ジェンダーレス #高校生 #同性愛 #違法 #1995年 https://t.co/OuYxIQ1Ce9
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『恋人はアンバー』(20/愛) 90年代アイルランドの田舎町が舞台。ゲイの自認はあるが保守的な風土の周囲からひた隠しにしたい高校生の偽装カップルのドラマ。秘密を共有する同志的な2人の結び付きが微笑ましくも、ビターな余韻が残る。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『恋人はアンバー』同性愛者の男女が見せかけのカップルを演じて周囲の好奇の目から開放されたと思ったら(  ̄_ ̄)って展開。コメディちっくな設定ですが実は結構ヘヴィな作品でした。なりたい自分と見せたい自分の狭間で苦しむ若者がリアルで痛い
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『恋人はアンバー』1990年代アイルランドの保守的な田舎町を舞台に、期間限定で恋人のふりをすることになったゲイとレズビアンの高校生を描いた青春映画は、二人が恋人以上の存在になっていくのを優しくも切なく映し出す。#恋人はアンバー
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『恋人はアンバー』自分がゲイであることに気づかないふりをするということは、自分を殺して生きていくこと。末路は自死しかないのではないか。マッチョな父親の期待に応えようとするエディが涙ぐましい。極上の青春物語。同級生がアホでウケる〜
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ池袋で『恋人はアンバー』を鑑賞。1995年のアイルランド。同性愛に偏見が強い頃、疑似恋人になる二人。疑似恋人の二人は同士って感じだね。ほんと2人には生きづらい世界ね。最後の二人の思いには胸熱くなった。アンバー最高よ。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『恋人はアンバー』(Dating Amber)鑑賞。183 複雑な思いの変化が描かれて「95年ってこんなだったかも」と遥かアイルランドを追体験。エディもアンバーもキュート #eiga
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #恋人はアンバー このクィア映画が持つ唯一無二の独創性と自分の人生を生きれない人へ向けられた普遍的なメッセージ。現在のエディとアンバーの背中を押し、未来のない当時を〝普通〟に暮らした人の魂を慰めている。何度観ても最高だし涙が零れる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』性愛って詰まるとこ馬鹿馬鹿しいって結論や、バーカくたばれクソ田舎!も青春映画としての醍醐味です。抑圧されていた筈の女性の方が罵り合いの時に口汚いとか、そういう根っこの図太さとか逞しさとかも感じられて愉快でした
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』絶対に恋愛関係にならない男女の友情とは言え、片割れの方の恋愛が上手く行きそうだと何かちょっとモヤモヤする…って微妙な心境も描いたりでいい感じにやきもき。この辺は同性愛関係なく人間関係として複雑だよな〜ワカルとなる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』嫌味な同級生が童貞捨てた瞬間に心が広くなったり全体的にトボけた感じで保守的な雰囲気を描いてて風刺が効いたコメディとしても楽しめます。抑圧的と思った軍人の父が有害な男らしさの被害者だと垣間見せるバランスも良く取れてる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』滅茶苦茶サバサバしててアングラ趣味なアンバーに引っ張られる形のエディが、表向き授業中にもイチャつくクソカップルと化してるのがアホらしいし、どこか微笑ましくてイイ。演じるアンバーを演じるローラの格好可愛さが良く出てる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』恋人がいなけりゃ同性愛者と馬鹿にされるクソ田舎が舞台ですが、逆に恋人作るだけでデカい顔することが出来るというクソ単純な構造の馬鹿馬鹿しさが逆に笑える。シング・ストリートとかにも通じるくたばれクソ田舎!映画でもある
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『恋人はアンバー』同性愛への差別が根強く残る95年アイルランドでゲイのエディとレズのアンバーが面倒をなくすため偽装カップルを演じることになる。LGBT以上にこういう絶対恋人にならない男女の友情から摂れる栄養素がある…!って作品
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    4005movies / tweets

    follow us