TOP >作品データベース >エンドロールのつづき

エンドロールのつづき

みんなの感想/評価
「エンドロールのつづき」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    18
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
92
ポジティブ指数100
公開日
2023/1/20
原題
Last Film Show
配給
松竹
上映時間
112分
解説/あらすじ
9 歳のサマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。人で溢れ返った映画館、席に着くと、目に飛び込んだのは後方からスクリーンへと伸びる一筋の光…そこにはサマイが初めて見る世界が広がっていた。映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが―。
ALL RIGHTS RESERVED ©2022. CHHELLO SHOW LLP
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • uoa3
    【エンドロールのつづき】小学生のサマイは映画が好きすぎて…彼の情熱が友達をも巻き込んでちょっとした文化祭レベルに到達する過程にわくわくする。フィルム映画の運命を直視し彼は行動する。あんなに厳しい父も愛あればこそ。もう、泣くやんか
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    新ピカで『エンドロールのつづき』。映画愛を技術、仕組みの面から描いた映画。映画小僧だった昔を思い出し共感いっぱい。途中でそれは幾らなんでもダメだろうって話になったりもするけど。映画という現象に生々流転まで映すあたり東洋的。しみじみ。
    いいね

    良い
  • kaoruko0428
    映画とは何か、光とは何か、画的なカタルシスで魅せる映画。物語を期待してみると肩透かしを喰らう。
    いいね

    良い
  • kaoruko0428
    映画に憧れる少年たちが映画作りに奔走し、わちゃわちゃする様子が描かれる。背景として、インドの貧困、階級格差、教育格差がさらりと出てくる。散々言われ尽くしているようにインド版ニューシネ。だけど物語はそこまで展開しない。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『エンドロールのつづき』駅のチャイ売りの裕福ではない家族にあっての、少年の映画への思いが、結構大胆なことしてるけどはんぱない。そしてセリフは少ないが、弁当作って持たせる母の息子愛がすばらしく映っていて、そこだけで感動ものになる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『エンドロールのつづき』映画大好き少年、好きが高じるとね(笑)奇しくもフィルム映画の末期。描かれたフィルム終末の姿には寂しさを禁じ得ない。しかしデジタルには英語力と数学必要と聞き勉強に意欲を燃やしたよう。勅使河原宏の名前登場に感動。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『エンドロールのつづき』リアル映画泥棒に思わず通報だが、終盤映画のデジタル化に寂しさが込み上げる。これまでのノスタルジックな映画館愛映画は全てフィルムだったが、映写室が無人のデジタル上映になるとこの手の映画は作られなくなるのではと。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『エンドロールのつづき』色々な映画作品のオマージュ等、映画愛に溢れつつも、主人公はフィルムを盗んだり、おもちゃにしたり(しかもそれに対する反省が見られない)と矛盾する内容。ナイスキャラな映写技師の人生が変わる悲しい出来事に胸が痛んだ
    いいね

    普通
  • Ishigakorogaru
    『エンドロールのつづき』横浜ブルク13にて鑑賞。映画上映の仕組みそのものに恋をした少年の物語。2010年の話とはいえ児童虐待、不法侵入、窃盗などの不道徳行為がさらっと描かれているので注意。主人公の少年が可愛くて演技が上手い。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『エンドロールのつづき』インド版「ニュー・シネマ・パラダイス」と言われているが、こちらの方が好きかも。トトより、この映画の少年サマイの方が、やんちゃで楽しい。これは、監督自身の実話に基づいているのか。この後の青年期以降の話も観たい。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #エンドロールのつづき 変化していく映画構造や先人達へのノスタルジーも込めながら、映写が照らす未来への滑走路という構成が異彩を放つ。現実を抜け出す為、光を映す事に取り憑かれた少年の小宇宙に、歌や踊りとは別のインド映画の輝きがあった
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →縁のない世界に飛び出そうとする息子を抑圧したい親の子離れ物語でもある。ついていけない世界に学びがいかに大切か、そして、「変わらないもの」の大切さも教えてくれる。ラストの「あのジャラジャラしたもの」と、その中に存在した世界中の「人」たちの名に泣く『エンドロールのつづき』 #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『エンドロールのつづき』監督自身の少年期を映像化した実話ベースの作品ということで、インド映画にして踊らず歌わず、ファンタジーよりもリアリティに寄った物語になっている。歌う・踊る・戦う、は、スクリーン中のスクリーンの中にある。映像に魅入られた少年たちの冒険物語が胸アツ #映画
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『エンドロールのつづき』映写機とフィルムが熔かされるシーンが長く感傷的で逆に泣けなくなってしまったが、インド映画特有の極彩色の映像が写されたフィルムが女性の身につけるカラフルな腕輪に生まれ変わるラストシーンはサマイ同様に胸熱になる。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『エンドロールのつづき』ニューシネマパラダイスを引き合いに出す人が多いがまるで違う、サマイは映画を見て感動したが映画を制作することでなく映画を上映することを目指し実際自力で映写機を作ってしまう、それが監督の実体験らしいのも凄い話。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『エンドロールのつづき』邦題よりは原題の方が相応しい気が。映画に興味を持つ貧しい家の少年と言う辺りはテンプレながら、本質的に魅せられた物は「光」と言う点は面白く。上映機作成や廃棄フィルム探索行辺りのリアリティのなさはやや興醒めだが、ラストは心を揺さぶられて鑑賞後観は良く。
    いいね

    良い
  • garancear
    『エンドロールのつづき』映画への興味がドラマ部分ではなく映写というのは意外。フィルムの物理的なメカニズム。かえって新興国インドらしいというか、演劇科でなく工学部で学んで産業を支えてほしい人材だよね。インド版ニューシネマ…というイメージではなかった(褒めてる #映画
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『エンドロールのつづき』鑑賞。ノスタルジックさや映画についての映画のオマージュもたっぷりありながら新しい視点に触れた感覚。インドと共に映画の未来に向かうスケールの大きい光と(心の)宇宙についての作品のようで素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『エンドロールのつづき』インドのチャイ売りの少年が映画監督の夢へ向かって走り出す姿を同国出身のパン・ナリン監督自身の実話を基に描く本作はインド版「ニュー・シネマ・パラダイス」で、ラストの展開で邦題の意味するものが温かく伝わってくる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • rkakinuma
    新宿ピカデリーで『エンドロールのつづき』(原題:Last Film Show)を観ました。色セロハンで遊んでいた子どもの頃を思い出しました。母親のつくる料理がどれも本当に美味しそうでした。 https://t.co/1bkIfW23vJ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    writelefthand
    2220movies / tweets

    follow us