TOP >作品データベース >イングマール・ベルイマン︓1957年

イングマール・ベルイマン︓1957年

みんなの感想/評価
「イングマール・ベルイマン︓1957年」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
0
ポジティブ指数0
公開日
2022/11/8
原題
Bergman - ett liv i fyra akter
上映時間
121分
解説/あらすじ
1957年1⽉、38歳のイングマール・ベルイマンはプレッシャーと不安に苛まれていた。『第七の封印』が公開され、多くのプロジェクトを抱えていた。5⽉には過度なストレスで⼊院しながらも、⾃⾝を投影させた『野いちご』の脚本を数週間で書き上げ、7⽉には撮影を開始、12⽉に公開した。多くの⼥性と関係し、⺟親が違う6⼈の⼦供の⽣まれた年も忘れてしまうほどの仕事中毒であったが、それらも作品に投影し傑作を次々と⽣み出していく。しかし、70年代に脱税容疑をかけられてからは、気難しい性格に拍⾞がかかり…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    該当するデータはありませんでした。
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    3036movies / tweets

    follow us