TOP >作品データベース >ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミ...

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編

みんなの感想/評価
「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
2
ポジティブ指数100
公開日
2009/11/7
原題
MESRINE: L'INSTINCT DE MORT/MESRINE: PART 1 - DEATH INSTINCT
配給
ヘキサゴン・ピクチャーズ
上映時間
114分
解説/あらすじ
1960年代〜70年代、大陸を股にかけ、“社会の敵No.1”と呼ばれた男がいた。金を奪うのは銀行や金持ちからだけ、友との絆を大切にし、裏切り者には容赦ない報復、女には限りない愛情を注いだ男、ジャック・メスリーヌ。2部構成で、この世界で最も有名なギャングの一人の人生を追ったクライム・アクション。「ノワール編」では、1959年以降、若き日のメスリーヌが強盗を重ねた後、カナダへ逃亡し、投獄、そして驚異の脱獄劇により“社会の敵No.1”と称されるまでを描く。主演のヴァンサン・カッセルはじめ、現在のフランス映画を支えるスターが総出演している。第21回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。
© 2008 LA PETITE REINE M6 FILMS REMSTAR NOVO RPI
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • shoccco
    「ジャック・メスリーヌ パブリック・エネミーNo.1 Part1 ノワール編」冒頭のくりりんとしたパーマのリュディヴィーヌ・サニエが怪しすぎなのにかわいくて、いつになったら出てくるんだと待機してたけど、本格的な登場はPart2なの忘れてた。。ヴァンサン・カッセルかっこよかった!
    いいね

    良い
  • marilyn_1022
    『ジャック・メスリーヌ/フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編』一部はあんまし内面的なものが見えずジャック・メスリーヌに感情移入できませんでした。 http://bit.ly/ieJPH2
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2419movies / tweets

    follow us