TOP >coco 映画特集 >映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』特集
coco PR企画
2018/2/28 updated

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

オスカーノミネート俳優2人が紡ぐ、つつましくも温かい愛の物語
サリー・ホーキンス × イーサン・ホーク
今最も旬な実力派俳優2人の熱演
世界中の観客賞を受賞し、感動の渦を巻き起こし続けている『しあわせの絵の具』は、今もオークションで500万円を超える値がつく、カナダで最も愛された画家モード・ルイスと、彼女を不器用ながらも献身的にサポートした夫の真実の愛を描いた物語だ。『シェイプ・オブ・ウォーター』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているサリー・ホーキンスと、アカデミー賞ノミネート常連組のイーサン・ホークが絶妙な存在感で夫婦役を演じる。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、夫婦の感動の物語に「予想外の号泣映画でびっくり」「試写室が大号泣の嵐」といった声が挙がり、95%の観客が「オススメしたい」と回答。「心の底からみんなにも観てもらいたいと思える映画」「どの場面も抱きしめたいくらい好き」と猛烈にプッシュする映画ファンが相次いだ。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「想像以上の素晴らしさ」「心の底からオススメ」
二人の愛の軌跡に大号泣の嵐

しあわせの絵の具、想像してたより遥かに素晴らしかった。試写室が大号泣の嵐。実在した夫婦の人生をサリーとイーサン・ホークが見事に演じてくれてる。派手さはないけど、圧倒的幸福感に溺れる。心の底からみんなにも観てもらいたいと思える映画
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 秀作。どの場面も抱きしめたいくらい好き。不器用な2人の悲しみ苦しみも彩り豊かな絵がゆっくりと愛に変えていく。優しさとぬくもりに包まれた世界に心が動かされる。風景と音楽も最高でした。
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 予想外の号泣映画で自分でもビックリしてしまった。 主役のモードに扮したS・ホーキンスが絞り出すように話すのが、ココロの叫びを聞けというふうに聴こえて気持ちが揺さぶられてしまった。
Nozomificent7@hobby_PN
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 試写会にて鑑賞。 じわじわ泣けて優しい気持ちになれる映画。主演の俳優二人の演技力が素晴らしい…観て良かったなぁ。
シネマダイアリー@susan6662
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』試写。サリーホーキンスとイーサンホークの繊細な演技に酔いました。二人を下手な役者が演じれば、途端に共感性を欠いてしまうでしょう。音楽と風景も相まって鑑賞後は豊かな気持ちになりました。
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』今にも壊れてしまいそうなモードと何もかも壊してしまいそうなエヴェレット。二人の壊れない愛に学ぶことが多かった。違う人間でも、そばにいたい。誰かにすすめたいし、みんなに観てほしい映画。
「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」夫婦愛に思ったより感動して最後泣いてしまった。イーサン・ホークの感情の起伏が激しいけれど不器用な愛情表現、サリー・ホーキンスの内なる情熱や可愛らしさ。色彩たっぷりの季節がごちゃ混ぜの…
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』カナダに実在した画家モード・ルイスを描いたヒューマンドラマ☆素朴で優しい絵と共に様々なシーンが蘇ります。いつしか芽生える心の絆、今ある幸せに安らぎを見出す彼女の豊かさに胸を打たれました
#しあわせの絵の具愛を描く人モード・ルイス なんて素敵でキュートな人生なんだろう。いかにも病弱でか弱いモードが持つ芯の強さと日々を努力し幸せを掴む姿に感動しかない。そしていかにも亭主関白で不器用夫とのやりとりがとにかく愛おしい…
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 ファンだから贔屓目にみてるを差し引いてもイーサン・ホークの佇まいが本当にすごい!も~、本当に不器用オブ不器用な男。でも、確実に少しずつ変わっていく様を見事に演じておりました!
『しあわせの絵の具』素敵な映画だった!結構ハードなモードの生い立ちに驚くが、そんな彼女の強さと無垢で繊細なアーティストの顔をSホーキンスが絶妙に演じてる。不器用な夫エベレットの想いにも通じる、素朴で飾り気ないカナダ港町の風景も美しい
「しあわせの絵の具」を一足先に鑑賞。キュートでユーモアのある女性画家モードと不器用な夫のお互いへの愛が詰まった映画だった。主演二人の掛け合いが絶妙で、観終わった後優しい気持ちになれる。特にラストのイーサン・ホークの姿がとても印象的…
くけさんのこころはしんどい。@ck_417
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 二人の夫婦間は、一口に全てがうまく行っていたとは言いにくいけど、とても慎ましくて幸せな日々だったのだなと感動が後から来てる。 「絵が売れたわ」と笑うモードにニコニコしてしまう。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
この二人だからこそ彩れた
美しい夫婦の人生の物語

人生フルーツ
ニュータウンの一角にある平屋で暮らす建築家夫婦を追ったドキュメンタリー。さまざまな社会問題を取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第10弾。...
愛、アムール
ミヒャエル・ハネケ監督が、前作「白いリボン」(2009)に続き2作品連続でカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。妻が病に倒れたこと...
ラビング 愛という名前のふたり
異人種間の結婚が違法とされていた1950年代のバージニア州を舞台に、自らの愛を貫き通すべく戦ったラビング夫妻の実話を映画化したヒューマンラブストーリー。人気俳優コリン・ファースのプロデュースのも...

カナダで最も有名な画家
モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは─

Introduction

小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに描き続けた画家モード・ルイス。その素朴ながら愛らしい絵は、今もオークションで500万円を超える値がつく、カナダで最も愛された画家である。そんな彼女を不器用ながらも献身的にサポートしたのが、夫のエベレット。孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも確かな幸せを手に入れた感動の実話が映画化!わずか4メートル四方の家で絵を描きながら暮らすモードを演じるのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている実力派サリー・ホーキンス。妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットに、『6才のボクが、大人になるまで。』などでアカデミー賞ノミネート常連組のイーサン・ホーク。一風変わった夫婦の愛を繊細に描くのは、『荊の城』のアシュリング・ウォルシュ。絵と夫の愛に包まれたモードの生き方が、「どんな人生でも自由な精神で楽しめば、素晴らしいことが待っている」と教えてくれる感動作が誕生した。
【英題】MAUDIE
【監督】アシュリング・ウォルシュ
【出演】サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
【制作年】2016年
【制作国】カナダ・アイルランド
【上映時間】116分
【配給】松竹
3月3日(土)
新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー!
coco 映画レビュアー
rumia1126
2047movies / tweets

follow us