TOP >coco 映画特集 >映画『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』特集
coco PR企画
2018/4/26 updated

ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~

号泣する観客が続出!勇気と希望に満ち溢れる感動のラブストーリー
大ヒット作『タイヨウのうた』が
ハリウッドで生まれ変わる
2006年にYUI主演で大ヒットとなった日本映画『タイヨウのうた』をハリウッドリメイクした『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』は、青春時代を経験した誰もが共感する、まばゆいばかりの感動のラブストーリーだ。少しでも太陽光にあたると命に関わる難病・色素性乾皮症(XP)と診断され、幼い頃から家の外に出ることができなかったヒロインの最初で最後の恋を、ベラ・ソーンと世界的俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーの2人がフレッシュに演じる。

coco映画レビュアー50名も参加したジャパンプレミア試写会では、予想を遥かに超える感動の物語に「号泣しすぎて困った」「正直予告編からこんなに感動する作品だと思わなかった」といった声が続出。更に「単なるTeen向けの作品とは決して思って欲しくない」といった声も相次ぎ、大人たちの胸にも響く人生のドラマが詰まった感動作であると言えよう。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「ボロ泣き」「号泣」「泣くまいと思っても泣いた」
大人たちの胸にも響く感動ラブストーリー

『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』内容知ってたけど、号泣でした(;_;)あったかい気持ちで家に帰る。
うちじゅん@uchi_jun703
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』ジャバンプレミアで観ました。号泣しすぎて、エンドロールに入った瞬間、あと数分でなに食わぬ顔をして座席を立たなければいけない、という困難に直面しました。パトリック、ハンサム!
ミッドナイトサン感動。何があっても楽しみながら真っ直ぐ生きていく姿に涙が止まらない
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』台詞一つ一つが胸に響く。涙なしには見れないとても良作でした。ベラの歌も素晴らしかった…ぜひ時間があるときにハンカチを持って劇場に足を運んで、思う存分泣いて下さい
ミッドナイトサン絶対見た方がいい.....
『ミッドナイト・サン〜タイヨウのうた〜』ジャパンプレミア行ってきました! YUI主演映画のハリウッド版 主演のパトリック、テンション高くてファン大好きーって感じで可愛かった 中身は100点の恋愛映画でした 泣くもんかと思っても泣いた
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』 正直予告編からこんなに感動する作品だと思わなかった。ケイティが生きる姿 彼女を支える周囲の人にも好感と共感が持て、だからより一層彼女が取っていく行動と選択の1つ1つが切なく愛おしく感じれた
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』 オリジナル版を観てなかったのだが、初見だからこそ、素直に1人の少女が初めて恋をして、死を迎えるまで精一杯生きた証を見ることが出来て、思わず涙でした。 友人のモーガンのキャラも良かった。
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア行ってきた。大好きなベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガーW主演の作品。 素直にボロ泣きしてしまった…。 お父さんとケイティのやり取りが愛しくて切なかった。
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』 シュワちゃの息子パトリックが本当に美しかった。 爽やかな演技にほれぼれしました。 日本のタイヨウのうたとはまた違う楽しさがあり大変満足しましたー
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』 眩しい太陽の傍らで、難病と闘う主人公たちの輝く幸せなひと時。いっぱいの笑顔と歌が心に刻み込まれました。涙が止まらなかったよ😢
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』 パトリック君登壇のジャパンプレミアにて鑑賞。邦画未鑑賞で良かった。とても純粋に感動でき、清々しい気持ちになれました。とっくの昔に忘れていた優しい純愛を思い出させてくれる作品でした。
単なるTeen向けの映画だからとは誰にも決して思って欲しくない作品。ストーリーの進み具合やキャラクターの関係性も心地よい。ヒロインを演じたベラ・ソーン。彼女自身も失読症に悩み、彼女の演技はリアルそのものだったと感じた。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
あなたがいれば最高の人生になる
人生を変える感動のラブストーリー

あと1センチの恋
「P.S.アイラヴユー」の原作者セシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」をもとに、幼なじみの男女の12年間にわたるすれ違いの恋を描いたラブストーリー。イギリスの田舎町で6歳の時から一緒に過ご...
アバウト・タイム 愛おしい時間について
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信が...
(500)日のサマー
建築家を夢見つつもグリーティング・カード会社で働くトムは、社長秘書として入社してきたサマーに一目ぼれをする。運命の恋を信じるトムは果敢にアタックし、遂に一夜を共にするのだが、サマーにとってトムは...

この一瞬は、
タイヨウよりも輝いていた

Introduction

「私はいま本気で恋をしているだろうか…?」そんな問いかけを自分自身に投げかけたくなるような、太陽の光のように眩しく、夜空の星のように輝く、フレッシュなラブストーリーが誕生した。それは、2006年にYUI主演で大ヒットとなった日本映画『タイヨウのうた』をハリウッドが生まれ変わらせた『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』。少しでも太陽光にあたると命に関わる難病・色素性乾皮症(XP)と診断され、幼い頃から家の外に出ることができなかったヒロインの最初で最後の恋を描いた感動のラブストーリーだ。
 太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティ、高校のスター・アスリートだったが怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー。ある夜、彼女の歌をきっかけに2人は出会い、急速に惹かれあい、情熱的な恋愛に身を投じていく──。17歳の2人が経験する初恋の甘酸っぱさ、互いを支え合いたいと思う心の強さは、観る者に本気の恋とは何かを語りかけ、恋する勇気を与えてくれるだろう。また、彼らの恋を温かく見守り応援する家族や友人たちの愛の深さにも号泣必至。
【英題】MIDNIGHT SUN
【監督】スコット・スピアー
【出演】ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
【制作年】2018年
【制作国】アメリカ
【上映時間】92分
【配給】パルコ
5月11日(金)
新宿ピカデリーほか全国ロードショー
coco 映画レビュアー
ichiwheat
4215movies / tweets

follow us