TOP >coco 映画特集 >映画『検察側の罪人』特集
coco PR企画
2018/8/6 updated

検察側の罪人

木村拓哉 VS 二宮和也。日本映画史に名を残す、新たな傑作サスペンスが誕生
雫井脩介原作 ☓ 原田眞人監督
「正義とは何か」に迫る
時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱える問題点に鋭く切り込み、ミステリーの最高傑作と高く評価された雫井脩介原作『検察側の罪人』が、日本最高のスタッフ・キャストによって、遂に映画化。監督を務めるのは『日本のいちばん長い日』をはじめ、『関ヶ原』の大ヒットも記憶に新しい原田眞人。日本を代表する、木村拓哉、二宮和也の2大スターによる共演で「正義とは何か」という人間の根源的命題に重厚に迫る。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、今年の日本映画を代表する注目作に対して、「傑作」「予想を上回る重厚さ」「狂気の熱演に圧倒」と期待を上回る内容を称賛する声が続出。「観ているのがもはや辛くなるほどヒリヒリした緊張感」と、サスペンス映画として最大級の評価を与えるレビューも数多く寄せられた。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「傑作」「心拍数200超え!」「狂気の熱演」
期待を遥かに上回る骨太サスペンス!

サチコロネ@sachikorone
『検察側の罪人』予想以上に重厚かつ濃密な骨太作品。キャラの確立している二人が主演てことで、やや斜に見ていたことを反省。中盤辺りから一気に情報量が増えのめり込んでの鑑賞でした。自分の正義に固執する者は…云々、ずしりと重く…。
『検察側の罪人』予告から感じた内容をひっくり返された。検事でいる意味とは一体?を想いながら鑑賞。それにしても二人ともどこか孤独でそれぞれのスピンオフ作って欲しい。私はニノの舞台のような緊張感漂うシーンに背筋がゾクっとなった。拍手。
『検察側の罪人』試写会にて鑑賞。木村拓哉演じる最上の狂気、二宮和也演じる沖野の苦悩。そして演者全員の圧巻の演技がヒリヒリした緊張感を生み出した2時間。 途中観ているのがちょっと辛くなる描写もあるが、それでも観て良かったと思った。
『検察側の罪人』試写にて鑑賞。何が正義なのか何が悪なのかわからなくなってくる感覚。脚本も俳優陣も素晴らしい。台詞量がかなり多く頭をフル回転させて見届けました。かなり見応えのある力作! #検察側の罪人
#検察側の罪人 取調室での二宮和也の熱演は圧巻。ベビーフェイスで優しい印象の彼が豹変し、汚い言葉で容疑者を罵る。後輩に負けまいと木村拓哉も鬼気迫るものがある。本当の罪人は誰なのか考えずにはいられない。彼らのその後は明るいのだろうか
SHOWBIZCOUNTDOWN1期生@shoichi_jakeino
『検察側の罪人』試写。木村拓哉演じる最上毅のあのシーンは心拍数200超えたんじゃないかって程に心臓バクバク。自分もそこに居てアレを手にしてると錯覚してしまうくらい映画の世界に没入してた。
試写にて。何度も飽きるほど映画館で見た予告編で感じていた印象とはまるで違う映画だった。正義の危うさと、自分が思い描いたストーリー以外の事象をないことにしようとして、自分の中の辻褄が合わなくなっていく怖さなど、見応えあった。
ねーちゃん@満月さん@miki_lovekiss
『検察側の罪人』試写会。 酒向芳さん(失礼ながらたぶん初見)の怪演とニノの緩急ある演技が光る取調べのシーンはまさに見もの。音楽も良かった。原作が気になるところ。
ジャガモンド斉藤@MondMasa
#検察側の罪人 キムタクvsニノという世代を超えた豪華すぎるスター対決!ニノが被疑者に怒鳴りまくる尋問場面は隣のに座る見知らぬお客さんと顔を見合わせてしまうレベルで開いた口が塞がりせんでした。原田眞人監督ならではのテンポの良さも良き
『検察側の罪人』キャスティングが演技派揃いで、見ごたえがあった。酒向芳さん色々なドラマに出てるみたいだけど、これだけインパクトがある人初めて見た。それにも負けない二宮君も凄かったし、キムタクは演技の幅が拡がった感じで良かった。
『検察側の罪人』試写@東宝試写室♪HEROの真逆をいくような、人それぞれの正義を突き詰めていく緊迫感と熱量に惹かれた。キムタクとニノ、それぞれに背景まで気になる魅力ある演技と役だった。東宝そしてジャニーズらしからぬ意外性もGOOD!
『検察側の罪人』試写会。観賞後感のドンヨリが半端ない。沖野はこのあとどうなってしまうのか。確かにこうなっても良かったのかも知れないけれどもこれでは検察官でいる意味なんてない。モンモンと考える。お洒落な演出と同じフレーズ繰り返す音楽が不気味に思えた、ラスト。 #eiga #映画
ボーダー@51thor
『検察側の罪人』エリート検事が描く未解決事件の犯人逮捕の執念と孤独、若手検事と事務官の実直で自身の正義を追い詰める攻防に時間を忘れのめり込む。被疑者を追い詰める二宮氏の究極の演技と木村氏の狂気の熱演は圧巻。監督の世界観満載。傑作
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
後味の悪さが半端ない!
至極のサスペンス映画

セブン
 退職を間近に控えたベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズは猟奇連続殺人事件の捜査にあたる。犯人はキリスト教における7つの大罪に基づいて殺人を繰り返していることが明らかに。やがてサマセットとミル...
殺人の追憶
韓国で実際に起きた未解決殺人事件をリアルな演出で映画化。86年、ソウル近郊の農村で、同じ手口による若い女性の惨殺事件が連続して発生。地元の刑事パク・トゥマンとソウル市警から派遣された刑事ソ・テユ...
凶悪
死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)を映画化。取材のため東京拘置所でヤク...

正義は罪か?
一線を、越える。

Introduction

検察庁刑事部随「一」の凄腕検察官が
殺人事件の捜査「線」に浮上してきた
ひとりの容疑者「を」有罪にする為に
あらゆる手段で「、」追い詰めていく。
司法の定めを超「越」した裁きの槌で
罪人に厳罰を与「え」ることは正義か?
その答えを求め「る」二人の検察官が
激しく対立する「。」


【監督】原田眞人
【出演】木村拓哉、二宮和也、吉高由里子・松重豊/山﨑努
【制作年】2018年
【上映時間】123分
【配給】東宝
8月24日(金)
ROADSHOW
coco 映画レビュアー
WaseiG
3692movies / tweets

follow us