TOP >coco 映画特集 >映画『レディ・バード』特集
coco PR企画
2018/5/21 updated

レディ・バード

青春の輝きと痛みを知る、誰もが共感して心震わせる──これは、あなたの物語
ゴールデン・グローブ賞2部門受賞
アカデミー賞®5部門ノミネート
全米4館から徐々に口コミが広がり、全米1,557館まで拡大公開、5週連続トップ10入りのスマッシュ・ヒットを記録した『レディ・バード』は、2002年のカリフォルニア州サクラメントの片田舎を舞台に、悩める17歳の少女の成長を描いた、シアーシャ・ローナン主演、グレタ・ガーウィグ監督・脚本による超話題作。 本年度ゴールデン・グローブ賞では作品賞、主演女優賞を受賞し、アカデミー賞®でも作品賞、主演女優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞にノミネートされ、各映画賞席巻の105部門受賞、199部門ノミネートを果たした。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、「え、これ、私じゃん!」「高校生の自分を思い出した」と共感の声が噴出。思春期真っ盛りの痛々しくも愛すべき主人公の姿に「途中からぼろぼろ泣けてしょうがなかった」「笑えて心温まる傑作」と称賛する声が数多く寄せられた。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「胸に響く」「心温まる傑作」「ぼろ泣き」
coco映画レビュアー満足度96%!

『レディ・バード』鑑賞。 素晴らしい。この年頃ならではのもやもや感をスタイリッシュにユーモラスに描く。似たようなテーマの映画はあるけれどこの映画ならではの空気感がしっかりある。主人公の何もかもが愛おしくてたまらない。
junky-glamarous(カタカナ表記でOKです!)@wildest_monkey
『レディ・バード』 ‪「ビックになりたい!いや、なる!」‬ ‪というイタい自尊感情から‬ ‪ガミガミママに反抗する田舎娘が 様々な初体験と理想との乖離に苦しみ ふと大切なものに気付く笑えて心温まる傑作!
『レディ・バード』周囲への不満、羨望、殊更母への反発を強く抱えた17歳の多感な少女をシアーシャがリアルに演じきっていた。10代後半のこじらせ具合も突き抜けていればその輝きも凄い! 家族を始め周りの人々の主人公への愛に暖かくなる一本
『レディ・バード』途中からぼろぼろ泣けてしょうがなかった。高校最後の年、親との関係、学校、親友、彼氏、将来… 格別なことがあるわけじゃないんだけど、なんで10代終わりの数年ってこんなに特別で大切なんだろう。街並みと音楽がまたいい。
#レディ・バード え、これ、私じゃん。怖いくらい似てる。好奇心が強くて変に合理的で変に道徳的、ふと冷静になって本当に大切なものに少し遅れて気付くの。こんな映画に出会えた奇跡がすごい。17歳の今、忘れられない体験をした。
『レディ・バード』 なんでもっと早く見せてくれなかったの?!ってくらいとても良い作品でした 思春期を通り過ぎたたくさんの人に見て欲しい 親とぶつかったり、友達とすれ違ったり、好きな人にドキドキしたり ホントに素敵な映画👏
『レディ・バード』試写会にて!自分も進路のことでかなり母親とバトルしたので、そこらへんとか思い出してめっちゃうるっときた・・・と思ったら絶妙な話の進め方で思わず笑っちゃうところが多くて本当に面白かった!!
『レディ・バード』試写会鑑賞。田舎も学校も家族も…周りが全部嫌で、母親の押し付けよりも今の自分を受け入れてほしいのに、自分の理想程パッとしなくてもがく多感な17歳。色んな失敗を通して少しずつ大人になっていくユーモラスで心温まる作品。
『レディ・バード』ほとんどの母娘なら通る道が描かれてる。興味や葛藤、女の子みんな共感出来るとこあるんじゃないかな?母娘のシーンはどこもウルッと来るんだけど場面の切り替え方が面白くて最後しか泣けなかった!(笑)ユーモアセンス最高でした
『レディ・バード』試写会で鑑賞。田舎からNYに出たいという思春期の女の子の話だが、強かったり痛かったり躓いたり、覚えがある感情を揺り動かされる。シアーシャローナンの演技力が素晴らしい!離れている家族と話したくなる、そんな映画だった
『レディ・バード』住んでいる街や家族や学校、友達…何もかもに嫌気がさす、拗らせた時期を乗り越えられたのは、その嫌だと思ってたものがいつも温かく側に居てくれたから。同じような体験をしただけに共感度高かった。母の日前に観れてよかった。
思春期真っ盛りで痛々しくてレディ・バードが本当愛おしかった!最初の彼との関係も、レディ・バードらしくて好きだなぁ。バンドマン役のティモシー・シャラメは色気ムンムンでそりゃモテるよな!最後はウルっときた。私もお母さんに電話しよう。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
青春あるある満載の
痛々しくも愛すべき魅力的なキャラクター!

スウィート17モンスター
ネイディーンは17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナーや情緒不安定な母親を困らせてばかり。たった1人の親友クリスタだけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアンとクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった1人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。
勝手にふるえてろ
私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手「イチ」と、突然告白してきた暑苦しい同期の「ニ」。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、いまのイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?
フランシス・ハ
NY ブルックリン。モダンダンサーを夢見る 27 歳のフランシスは、親友ソフィとルームシェアをし、楽しい日々を送っていた。しかし、彼氏にフラれ、ソフィとの同居も解消、居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに。周りの友人たちが落ち着いていくことに焦りを覚えつつ、フランシスは自分の人生を見つめ直していく。

田舎から都会へ、少女から大人へ
羽ばたけ、自分

Story

2002年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。

高校生活最後の1年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作。
【英題】Lady Bird
【監督】グレタ・ガーウィグ
【出演】シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス
【制作年】2017年
【制作国】アメリカ
【上映時間】94分
【配給】東宝東和
6月1日(金)
TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
coco 映画レビュアー
mokomoko37
2681movies / tweets

follow us