TOP >coco 映画特集 >映画『クレイジー・フォー・マウンテン』特集
coco PR企画
2018/7/13 updated

クレイジー・フォー・マウンテン

2017年オーストラリア映画No.1ヒット!圧巻のスケールで描かれる究極の山映画
山は地球が生んだ最高の芸術品
美しく壮大な超絶体験
2017年、オーストラリアでドキュメンタリー映画としてNo.1の大ヒットを記録。映画『クレイジー・フォー・マウンテン』は、山を究極まで愛し、限界を超えたクレイジーな冒険に挑む人間たちと、地球が生んだ最高の芸術品とも言うべき“山”を壮大に描く圧巻の山映画だ。数々のクラシック名曲と名優ウィレム・デフォーのナレーションと共に映し出される映像は、類い希な芸術性をみなぎらせている。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では「自然を愛する全ての人々の心を掴んで離さない神々しい山々の魅力が溢れていた」「自然の尊厳を再認識し、自分が人間であることの意味を考え直させる。強くオススメ。」といった、圧倒的芸術作品ともいうべき本作を称賛する声が相次いだ。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「クレイジー過ぎ」「神秘の体験」「強くオススメ」
まさに神の領域──これは至極の芸術作品だ!

『クレイジー・フォー・マウンテン』試写会。時が止まっているかのような幻想的で美しい絶景はもちろん、天地がわからなくなるような驚愕の映像に圧倒。クレイジー過ぎてスリル満点越え。人間がありんこのようでした。
『クレイジー・フォー・マウンテン』これ以上ないくらい贅沢な映画でした 「ドキュメンタリーか、ふーん」てな気持ちで観に行ったら最初から最後まで引き込まれて目が釘付けだった 美味しいとこだけで出来ていた
『クレイジー・フォー・マウンテン』試写会にて鑑賞。生と死と美を体感させてくれる映画でした。素晴らしい!自分1人では到底行けない景色を見せてくれる。是非劇場で観て欲しい。ただひたすら圧倒された。
『クレイジー・フォー・マウンテン』鑑賞 雄大な山岳地帯とオーケストラの重厚な音楽。序盤はその壮大な風景とBGMを堪能していたが中盤からクレイジーな山オタク達のスリリングなパフォーマンスに手に汗握る大興奮!かなり面白い映像体験でした
『クレイジー・フォー・マウンテン』試写。命の危険と背中合わせになりながら頂に到達した者だけしか見る事を許されなかった光景を、こうして劇場で観られる時の進化に改めて感心。恐らくCG不使用の、天からの俯瞰の光景は感動の一言。#eiga
『クレイジー・フォー・マウンテン』試写会。coco様、いつもありがとうございます。 人と山の関わりを通じて、自然の尊厳を再認識し、自分が人間であることの意味を考え直すドキュメンタリー。皆さんに強くオススメします。
中島正博@riot009
『クレイジー・フォー・マウンテン』あり得ないカメラアングルに肝を冷やしながらも、大自然の息づかいを見事に捉えた映像には、自然を愛する全ての人々の心を掴んで離さない神々しい山々の魅力が溢れていました。
本日の試写会『クレイジー・フォー・マウンテン』。本来なら登った人しか見られない景色の連続に圧倒される。普段は海派の私も「地球上で一番宇宙に近い場所」へ行きたくなる人の気持ちが、なんだか判る気がしました。
aota tadanori@AoChi129
『クレイジー・フォー・マウンテン』山の雄大さや残酷さを映像美と壮大な音楽で魅せつけた芸術作品。物語ではなく今のあるがままに映し出した作品はぜひ一人でじっくりと味わってほしい映画でした。 #クレイジー・フォー・マウンテン #映像美
Noriko ISHIYAMA@runaruna007
『クレイジー・フォー・マウンテン』試写を鑑賞。すごいなぁ…初めて、あの有名な「何故山に登るのか」のあの答えの本当の意味を教えてもらった映画でした。神々しいまでの美しいチョモランマを対等の目線で見れるダイナミックな映像は一見の価値あり
清水一哉 Kazuya Shimizu@Shimichin
『クレイジー・フォー・マウンテン』@試写。″山″に魅せられた人達の驚愕で尋常じゃない映像が満載!それは時に息をのみ、時に高揚感を覚える。地球から見れば人間はちっぽけな存在を再認識も、その大自然を魅せる映像技術を生み出した人間も凄い!
『クレイジー・フォー・マウンテン』@神楽座。極限に挑むエクストリームと生命の息吹を感じさせる神々しいまでの山々の映像美が圧巻!クラシカルなサントラとウィレム・デフォーの抑揚をつけたナレーションが更なる深みを与える。
キャプチュード@uwfcaptured
『クレイジー・フォー・マウンテン』神楽座試写会。地上にいては見れない程の絶景、素晴らしい音楽、抑え気味のナレーション全てが重なり合うと脳内が気持ちよくなります。山に登るだけでなく、モトクロス、ダイブ、綱渡りと人間はどうかしている事も平気でやるようになります。一見の価値アリ。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
人間の小ささを痛感させる
“地球”を描く映画

アース
はるか50万年前、地球という星に巨大な隕石が衝突した。宇宙の大惨事に匹敵するこの衝突事故こそが、この星に生命が誕生する瞬間であった。そして現代。氷の地から熱帯の森、深海におよぶ壮大な自然界でたくましく生きるものたちがいる――。『ディープ・ブルー』のスタッフが再集結し、制作5年、撮影日数のべ2,000日をかけて、最新の撮影技術をもって、ホッキョクグマ、象、ザトウクジラの親子たちの生命のドラマを映し出す。
イントゥ・ザ・ワイルド
1992年4月、一人の青年がアラスカ山脈の北麓、住む者のいない荒野へ歩いて分け入っていった。4か月後、ハンターたちによって、彼はうち捨てられたバスの車体の中で、寝袋にくるまり餓死している状態で発見される。青年の名はクリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)。ヴァージニアの裕福な家庭に育ち、2年前に大学を優秀な成績で卒業したばかりの若者だった。全財産を捨て、労働とヒッチハイクを繰り返しながら、アラスカへと旅立ったクリス。なぜ彼は、恵まれた環境にいながら、悲惨な最期を遂げたのか…? ジョン・クラカワー原作のベストセラーを、ショーン・ペンが映画化。
インターステラー
世界的な食糧危機、地球環境の変化によって、誰もが人類の滅亡を見守ることしかできなくなった近未来。地球最大の危機を救うために選ばれたのは、なんと元エンジニアの男だった。彼は、新たに宇宙で発見された前人未到の地へと旅立つ。しかしそれは、人類の限界を超える不可能に思える壮大なミッションだった。主人公は「必ず戻る」という言葉の通り、自らの使命を果たし、愛する家族の元へと生還できるのだろうか――。

オーストラリアで大ヒット!
生きていることを実感する。だから人は山に夢中になる。

Introduction

『クレイジー・フォー・マウンテン』はオーストラリア室内管弦楽団と『Sherpa』(15)で英国アカデミー賞にノミネートされた女性監督ジェニファー・ピードンの、映画と音楽のユニークなコラボレーション。 山に対する我々の飽くなき執念を目の眩むような映像で掘り下げ、山を愛する人に捧げた、地球上で最も美しい風景を描いた壮大なるオデッセイ。 山が持つ絶対的な魅力、そして私達の人生と夢を形作り続けるパワーを映し出し魅了する。第61回ロンドンフィルムフェスティバルで高い評価を受け、2017年9月に劇場公開されたオーストラリアではドキュメンタリー映画としてNo.1のヒットを記録。
【原題】Mountain
【監督】ジェニファー・ピードン
【出演】ウィレム・デフォー(ナレーション)
【制作年】2017年
【制作国】オーストラリア
【上映時間】74分
【配給】アンプラグド
7/21(土)
新宿武蔵野館、シネクイントほか全国順次公開
coco 映画レビュアー
ichiwheat
4402movies / tweets

follow us