TOP >coco 映画特集 >映画『マイル22』特集
coco PR企画
2019/01/18 updated

マイル22

Wバーグが放つスパイ・アクション大本命! 「この組合わせにハズレなし」
『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』とタッグを組んできたマーク・ウォールバーグ×ピーター・バーグの“Wバーグ”が手掛ける本作。CIA機密特殊部隊が向かうところ敵だらけの22マイル(35.4km)の護送作戦に挑む姿を描く。任務第一のこの部隊は、失敗は許されず、人を殺すことも厭わない。そしてもちろん、自分も常に危険と隣り合わせとなる。

公開に先駆けて行われたcoco特別試写会では「『マイル22』マーク・ウォールバーグ✕ピーター・バーグ監督、この組合わせにハズレなし」「スピード感ハンパなかった」「こういうアクション映画が見たかった」と本作を称賛する声が相次いだ。さらに、素晴らしいアクションを披露したイコ・ウワイスにも注目が集まっていた。
試写会cocoレビュアーの感想ツイート

「最低3回は観ます!!」「イコ・ウワイスの格闘シーンは最高」、これが“待っていた”アクション映画!

『マイル22』試写会。ピーター・バーグ&マーク・ウォールバーグに外れ無し☆激しい銃撃戦、アクションてんこ盛り!イコ・ウワイスが凄ーい♪(だんだんイケメンに見えてくる)♪ジョン・マルコヴィッチも頑張っててかなり楽しめた♪ラストでえっ?もう一回観たくなるわな~
『マイル22』ステータス値をアクションに全振りしたのかな...と思うくらい(※あくまで個人の感想です)アクション満載の作品でした〜!特に次から次へと繰り広げられる銃撃戦は爽快感あって良かったです!
『マイル22』マーク・ウォールバーグ✕ピーター・バーグ監督、この組合わせにハズレなし。過去3作が実話で、だからこそのリアリティと思っていたが、フィクションでもリアルな臨場感。さらにイコ・ウワイスのシラットアクションという見どころも。
『マイル22』矢継ぎ早なアクションで、ジェットコースターに乗っているような映画だった いったい何体の頭を撃ち抜いたんだ? #映画 #movie
『マイル22』 オープニングからラストまでどのくらい息を止めていた…?と思うくらい緊張して鑑賞。スピード感ハンパなかったです。銃撃戦もカーチェイスも迫力ありましたが、なんといってもイコ・ウワイスのアクションが凄すぎました!
『マイル22』試写会。息もつかせぬアクションに展開、イコ・ウワイス(!)に目が離せない。会話もアクションも速くてついてくの必死だったので2回目の鑑賞。的場浩司さんが3回観たと言ってましたが、マジで3回続けて観れると思う。
メカキャラメル@mechacaramel
『マイル22』上映時間がコンパクトだから展開も速い、速すぎる。リピート必至かも。市街戦の臨場感もカメラアングルが凝っているからハンパない。「ボーダーライン」が好きな人なら楽しめると思う。とにかくイコ・ウワイスの不気味さがたまらん。
『マイル22』観た。 95分に濃縮されたアクションの数々。ガンアクションあり、シラット?格闘武術あり!イコ・ウワイスさん、彼を観るだけでもこの作品を観る価値がある!格闘技ファンとしてはロンダ・ラウジーが出てるのも楽しみの一つ!
Monsieur おむすび@Pooh_kuru_san
『マイル22』この2人が実録ものじゃなくフィクションを作るとここまでやりたい放題か、と思えるエンタメ作品。推進力と爆発力に引き込まれ続けた95分は冒頭に帰結するラスト。平和や正義の名の下に行使される暴力の連鎖に終わりも勝者もない。
『マイル22』 『16ブロック』meets『ザ・レイド』!37分間に22マイル護送するだけの特命が、壮絶な修羅場に!イコ・ウワイスの超絶アクションを堪能せよ! 実はもう1本ある映画の要素も入ってるが、それは見てのお楽しみ。
あえて予告を観ず試写会に。何と始まり直前からハラハラ感ハンパなく思わず目を伏せてしまうシーンもあり。ストーリーも実に巧妙な裏の裏を書く展開。武器の使用感も実にリアル。リー役のイコ・ウワイスの格闘シーンは最高。もう一度観たい作品です。
『マイル22』いやでもほんと、これ、好物な人にはたまらん1本ですよ。今すぐもう1回観れる。観たい。もっとくれ。 #mile22
『マイル22』観て❗❗❗くだ❗❗さい❗❗ イコーーーーーー!!!!ウワイスーーーー!!!! ザ・レイドとイコ・ウワイスに惚れて作ったかな。的場浩司さんが言っていたように、すぐもう一回観なきゃ気がすまず、最低3回は観ます❗❗
もっと見る
こんな映画が好きな人にオススメ

“究極の任務”を描く映画

レッド・スパロー
事故により、バレリーナへの道を絶たれてしまったドミニカ。失意の彼女は、母を守るため自分の意に反して、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員になることを決意する。そこで彼女は、自分の肉体を使った誘惑や、心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて、持ち前の美貌と明晰な頭脳で頭角を表したドミニカは、ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュに近づくミッションを受けた。2人のスパイは互いに惹かれ合いながらも、騙し合いの連鎖へと陥り、自分たちのキャリアや忠誠、そして、国の安全までも脅かすことになりかねない展開へと足を踏み入れ…。
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務をCIA特別捜査官マット・グレイヴァーに命じる。それを受けてマットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロに協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる…。
トリプルX:再起動
首の後ろに彫った“xXx”のタトゥーがトレードマークのX-スポーツのカリスマ、ザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)が、NSA(国家安全保障局)から強制的にシークレット・エージェントに任命され、東欧のテロ集団の潜入捜査を試みる…。法律などお構いなしのストリートガイが、これまでのスパイ映画の常識をことごとく覆し、問答無用の活躍を繰り広げ、観る者を興奮の渦に巻き込む――。

Story

世界を揺るがす危険な物質が盗まれ、その行方を知る男リー・ノアーが見つかった。重要参考人として保護されるが、彼を抹殺するため、多数の武装勢力が送りこまれていた。彼を国外に脱出させるためジェームズ・シルバ率いるCIAの機密特殊部隊はインドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(34.5km)を護衛する究極のミッションに挑むのだが…。全方位集中砲火の中、彼らは無事に脱出をすることができるのか――。
【原題】Mile 22
【監督】ピーター・バーグ
【出演】マーク・ウォールバーグ、ローレン・コーハン、イコ・ウワイス、ロンダ・ラウジー、ジョン・マルコヴィッチ
【制作年】2018年
【制作国】アメリカ
【上映時間】95分
【配給】クロックワークス

> 公式サイト
> 公式Twitter
1月18日(金)
新宿バルト9ほか全国にて公開
coco 映画レビュアー
yousan330
1639movies / tweets

follow us