TOP >coco 映画特集 >映画『スノー・ロワイヤル』特集
coco PR企画
2019/06/03 updated

スノー・ロワイヤル

ロッテントマトでも高評価!クセモノ揃いの復讐劇
本作は、監督のハンス・ペテル・モランドが、ステラン・スカルスガルド主演で製作した自身の監督作『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をハリウッドでセルフリメイクしたもの。

主演のリーアム・ニーソンは、真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマンを好演。息子を殺され復讐を決めるが、その復讐が思わぬ方向へと向かっていく…。猛烈にバイオレントながらも、痛烈に可笑しい、リーアムの新たな復讐劇は、海外では「タランティーノが『96時間』を撮ったらこうなる ――The Mercury News」「ファーゴのキレ味とセンスあり!――VARIETY」と絶賛する声も寄せられている。


公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では「ニヤニヤと思い出し笑いしながら心が満たされた気持ちになってる笑」「脇の人物がみな、個性的でいい!」「切れっ切れでバッキバキの復讐劇なのに面白い!」「人が死ぬ度に笑える仕掛けが秀逸。」と笑いの起こる“復讐劇”となる本作に魅了され、絶賛する声が相次いだ。

試写会cocoレビュアーの感想ツイート

「今年の映画ベスト10」「ラストまで最高」…劇場が爆笑に包まれる!? 最高の“復讐劇”

ShowBiz CountDown 1期生🕶️@shoichi_jakeino
『スノー・ロワイヤル』人が死ぬたび客席爆笑。こんな陽気な復讐劇、何度も観たいと思って然り。愛すべき個性の強いキャラクターの面々が最後まで飽きさせてくれない。これまでのリーアム・ニーソンのアクション・サスペンス物でロッテントマトで最も高い評価を受けている事に大きく頷ける
『スノー・ロワイヤル』なぜだろう、クライムアクションみたいのを観に来たと思ってたのに、ニヤニヤと思い出し笑いしながら心が満たされた気持ちになってる笑 しかも今年の映画ベスト10に入れたくなってるよ!恐るべしリーアム・ニーソンさん!
『スノー・ロワイヤル』脇の人物がみな、個性的でいい!今回の作品ではその設定がユニークで楽しめた。こういう作品をもっともっと見てみたいと思った。
うない🍡@urauraku
『スノー・ロワイヤル』試写会。まさかこんなに笑わされるとは!勘違い殺人が引鉄の復讐、から始まる関係者・無関係者構わぬ死屍累々の哀しい映画…なんだけど笑わされる。最初はこれ笑っていいの?と戸惑ったけど最後にはもう爆笑。ラストまで最高。
スタ一ク@⃕しんのおーが@sutao828
『スノー・ロワイヤル』試写会にて鑑賞! 絶対殺すマンとなったリーアム・ニーソンの復讐劇! と思いきや勘違いによる噛み合わない戦いが勃発・・・! 所々笑えるシーンもあり、楽しんで見れました!
『スノー・ロワイヤル』リーアムニーソンの復讐物ながら今までのとは全く違う。笑いが随所でこみ上げる映画。ユーモアに満ち溢れ、映画登場の男性より女性達がしっかりしてるのも特徴的。息子の復讐ながら何故か4つ巴も楽しかった!
📎タカリコ📎@tkred2046
『スノー・ロワイヤル』今回もリーアムは悪人を殺しまくってくれる。除雪車スキルと小説で得た知識で復讐しまくり。リーアムに負けないクセが強いキャラ揃い。伏線の回収の仕方がオチになっていて笑える。
『スノー・ロワイヤル』 模範市民を怒らせると怖いっ!強すぎるっ! 切れっ切れでバッキバキの復讐劇なのに面白い! 3人の父親が縺れにもつれて噛み合わないから面白い! ・・でいて笑わせどころたっぷりで更に面白い!
『スノー・ロワイヤル』これは笑っていいのかな?って思ったら遠慮なく笑った方がいいと思いますこの映画、館内は度々爆笑に包まれていました。よくできたコメディアクション映画でしたー。
『スノー・ロワイヤル』試写。息子を殺された父親の復讐劇のはずなのに、悪党が死ぬ度に場内が笑いに包まれるという不思議な映画。これほど笑える残酷な映画が今までにあっただろうか?いや、ない!(笑) #eiga
くまねこさん@nodatetu
「スノー・ロワイヤル」飯田橋での試写会で鑑賞。リーアム・ニーソン主演。息子を殺された父親が除雪車で復讐…と思いきや、いつもと違う新機軸。悪党達が次々と殺されるのに可笑しい。オフビートなギャグが巧みで、本読みシーンで一同爆笑!殺人シーンすら省略する雑な編集(褒めてます)も良かった!
aota tadanori@AoChi129
『スノー・ロワイヤル』 今月の試写会。犯罪小説で殺しを学んだ模範市民賞の除雪作業員vs健康志向の麻薬王vs雪ではしゃぐ麻薬組織vsド田舎で起きた事件にハイテンション警察。シリアスなのにサスペンスなのに笑える復讐劇。
『スノー・ロワイヤル』試写 息子の復讐&麻薬抗争なのに、ブラックユーモアが満載で、怖いよりも笑いが。あと雪山の風景も見応えがあった。死んだ時の名前の出し方と、あのフォント好きだったなぁ。
もっと見る
こんな映画が好きな人におすすめ

“常識”を打ち破る映画

マッドマックス 怒りのデス・ロード
イカれてるのはどっちだ?オレか?世界か?マックスと仲間達は、自由を賭け、壮絶なる逃走を開始するー。石油、そして水も尽きかけた世界。愛する者を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官のマックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられえたマックスは、 ジョーに囚われた女たち<ワイブズ>を連れ、反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男・ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始するー凄まじい追跡、炸裂するバトル…絶対絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!
バーフバリ 王の凱旋
遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする…。父バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバリの子であることを知った若き勇者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!
カメラを止めるな!
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる! 大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!…を撮ったヤツらの話。

Story

雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取に偽装され、地元の麻薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングは、ネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る――。
【原題】Cold Pursuit
【監督】ハンス・ペーター・モランド
【出演】リーアム・ニーソン、ローラ・ダーン、トム・ベイトマン、エミー・ロッサム、ジュリア・ジョーンズ、ウィリアム・フォーサイス
【制作年】2019年
【制作国】アメリカ
【上映時間】119分
【配給】KADOKAWA

> 公式サイト
> 公式Twitter
2019年6月7日(金)
全国にて公開
coco 映画レビュアー
xxtonchiki
3175movies / tweets

follow us