miurakenichi

さんのマイページ
miurakenichi
つぶやいた映画
604 本
総ツイート
627 件
マイページ閲覧数
9,497 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
スターされたスターした
miurakenichiさんにスターした人(10人

Hanashi_Sagashi

chicaotto

_tsu_baki

stresscinema_3

1224Lowtech

mokuren22

brimley3

XaIuklGsTO26PCX

tyokudai

kimchia_jp

  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』おんもしれぇ~なぁ。男心、童心をくすぐりまくってこちょばゆいぜ。シリーズならではの伏線とかスターウォーズ的カタルシスパターンもいいし、とにかくあんな能力欲しい!欲しい!これぞエンタメ映画の雄。
    いいね

    良い
  • ちょっと今から仕事やめてくる
    『ちょっと今から仕事やめてくる』良い話だ!思わず原作小説を衝動買い。当事者性の強い人が見たら慟哭の作品だろう。サラリーマン必見のファンタジー映画、とでも形容出来ようか。人は何度でもやり直せるし、生まれ変わったように生きていけるのだ。
    いいね

    良い
  • 殺人者の記憶法
    『殺人者の記憶法』面白かった!構成が良く出来ているし、韓国映画独特の生々しい人間描写が奥深さを与えている。アジア版のメメント。一見の価値ある秀作だ。
    いいね

    良い
  • ワンダー 君は太陽
    『ワンダー 君は太陽』素晴らしい!なんて素敵な映画なのだろう。人間にとって大切なものは何か考えさせられる。登場人物全員が輝いており、押し付けがましい演出もなくて無駄がない。心温まりまくりで当分保温されそうなぐらい感動する作品だった。
    いいね

    良い
  • アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
    『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』映画好きの学生にオススメされて鑑賞。最後のメッセージを伝えるためにこの映画はつくられたのだろう。それ程に価値ある示唆深い問い掛けだ。数あるタイムトラベルものの中でも印象深い心温まる良作だ。
    いいね

    良い
  • セッション
    『セッション』最初から最後まで引き込まれる。血と汗に綴られた焦る鼓動のような音楽も圧巻。人間の狂気と才知を見せ付けられる名画であった。
    いいね

    良い
  • ラ・ラ・ランド
    『ラ・ラ・ランド』音楽に魅せられる。しかし、予想外にもストーリーにも魅せられた。ラストをどちらにするかで物語の印象は全く異なってしまうが、結局はそっちか、と。音楽だけでなくストーリーも含めて普遍性の高い作品であった。とても楽しめた。
    いいね

    良い
  • イリュージョニスト
    『イリュージョニスト』もうさ、猛烈なカタルシスですわ。余計な言葉がないのもいい。社会的名声や群衆の中にいたって、どこまでも満たされない。孤独な野花のよう。そろそろ何事も卒業する時期だし、ゆっくり皆の記憶から消えていこう。それで、いい。
    いいね

    良い
  • イリュージョニスト
    『イリュージョニスト』予想していた通りの映画だった。孤高の紳士が場末のショーパブを渡り歩きながら、社会や愛着の誘惑を拭い、寡黙に、淡々と、誰知られることもなく、等身大の自分を一人見つめながら、限りある日常を生きていく作品。
    いいね

    良い
  • 言の葉の庭
    『言の葉の庭』素晴らしい。裏切らない。心の琴線に確実に触れて来る。美しい。
    いいね

    良い
  • ジュラシック・ワールド
    『ジュラシック・ワールド』二回目だった。こういうテーマパーク、いつか本当に有り得るかもしれない。ジュラシックパークへのリスペクトも感じられて良いね。
    いいね

    良い
  • 最強のふたり
    『最強のふたり』ほっこりと心が温まる作品でした。友人のすすめでふいに拝見しましたが、良き映画でした。実話がベースというのがまた良いですね。
    いいね

    良い
  • 生きる
    『生きる』完璧に近いヒューマンドラマ。未だ色褪せずして、むしろ輝きを増している。官僚批判、医療批判、命短し恋せよ乙女。黒澤明の細緻な作り込みがキラリと光る名画。人生の中で幾つも小さな心の公園を創っていきたくなる、自己啓発映画でもあった。
    いいね

    良い
  • バケモノの子
    『バケモノの子』細田守監督は子供の成長と葛藤、絶妙な心の機微を描かせたら天下一品だ。誰しもがきっと感情移入出来るポイントがあるだろう。面白かった。
    いいね

    良い
  • テルマ&ルイーズ
    『テルマ&ルイーズ』意外と若きブラットピットが出演していて、監督は巨匠リドリースコット。人間は馬鹿だからいっぱい幸せのチャンスを逃す。だからこんな二人にも同情しちゃうんだね。全体がラストへの序曲といった作り。日常を大切にしたくなる映画かな
    いいね

    良い
  • ゴーン・ベイビー・ゴーン
    『ゴーン・ベイビー・ゴーン』2013年初映画。ベン・アフレックの監督デビュー作。結末があまりにも切ない。終盤への序曲としての構成もクドくないし、丁寧で良く出来ている。正義の反対は相手の正義であって、悪ではないのかもしれないな。良作でした。
    いいね

    良い
  • おおかみこどもの雨と雪
    『おおかみこどもの雨と雪』細田守監督はジュブナイルストーリーを紡ぐことに天性の才能があるのだろう。突飛な設定の中に、一貫して人間の普遍的な成長と葛藤の軌跡が描かれている。絵のタッチや印象的なセリフの使い方を含め、細田守の真骨頂が味わえる。
    いいね

    良い
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2581movies / tweets

    follow us