nodatetu

さんのマイページ
nodatetu
つぶやいた映画
666 本
総ツイート
1,069 件
マイページ閲覧数
15,696 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
5 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

nodatetuさんは、まだ設定していません。
スターされたスターした
nodatetuさんにスターした人(32人

MioCastello

paranoiaquality

aoit34

370sana

KJ_LINE

Yu_Luck

eliminator250v

toomilog

stresscinema_3

HBF_gurimu

MiuraYoh

Hanashi_Sagashi

trans_american

atsucurry

xxtonchiki

chaopocho17

1224Lowtech

GD_momoco

fleur_eau

nodatetu

frodopyon

Hewmoon

BombohTonki

hiromikowata

ichiwheat

hinamyon

paranoiafreaks

mokomoko37

ma24ta

brimley3

gssmjp

outofblue9

  • カセットテープ・ダイアリーズ
    「カセットテープ・ダイアリーズ」(続き)中盤の「明日なき暴走」をバックに街を走り抜ける青春シーンに泣きそうになった。ラストのご本人登場にも涙腺決壊。主人公の心模様を丁寧に描いており、ボスの楽曲をよく知らなくても、感動できる映画に仕上げているのは素晴らしい。
    いいね

    良い
  • 透明人間
    「透明人間」TOHO錦糸町オリナス。評判通りの良作サスペンスで久々に本当に怖いホラー作品。冒頭から説明なく始まる不穏な寝室脱出シーンに一気に引き込まれた。主演エリザベス・モスの狂気に満ちたあの眼差し…。彼女が狂ってるのではと思わせる数々の演出に唸る。ラストの着地にモヤモヤする…
    いいね

    良い
  • カセットテープ・ダイアリーズ
    「カセットテープ・ダイアリーズ」TOHO日本橋。期待を上回る年間ベスト級の映画だった!英国郊外で鬱屈した毎日を過ごすパキスタン移民の高校生ジャベドがブルース・スプリングスティーンの音楽に出会い、成長していく青春ストーリー。嵐の夜に雷に打たれたようにボスの楽曲に目覚めるsqは感動的
    いいね

    良い
  • イップ・マン 完結
    「イップ・マン 完結」新宿武蔵野館で鑑賞。毎回既視感たっぷりのストーリー展開だが、これがいいのだ。大病を患いながら挑む最期の闘いは米軍海兵隊軍曹バートン(スコット・アドキンス)との一騎打ち…。イップ師匠が木人椿を打つ姿を息子に撮影させるシーンは胸熱。シリーズ回顧シーンも涙を誘う。
    いいね

    良い
  • ANNA/アナ
    「ANNA/アナ」TOHO日比谷で鑑賞。リュック・ベッソン監督が大好きな美人スパイ設定は既視感たっぷりだが、エンタメに徹していた。白昼レストランへの殴り込みシーケンスは白眉!アナの血塗れアクションは近年のベストアクトかも。男たちに搾取されながらも負けないタフさと心強さが見所か
    いいね

    良い
  • 96時間 レクイエム
    『96時間 レクイエム』@有楽町。突き抜けてないが、安定の70点。脚本は前作より改善され結構楽しめた。娘の大学での爆破やラスト大暴走は好きだな。都合のよいヨーグルトドリンクの仕掛けも面白い。CIA仕込の拷問方法も個人的に好き。31歳M・グレースの大学生役は正直キツイ。
    いいね

    良い
  • 浮き草たち
    『浮き草たち』NETFLIXで視聴、これは拾い物。ブツが入ってそうなカバンを届けるダニーとエリー。ストーリーが展開するにつれて2人の距離が徐々に近づくのが良い。忍び込んだ家で、洗顔し、髭を剃るダニー、可愛く見えるワンピースを選び着替えるエリー。2人の心模様を描くシーンが印象的。
    いいね

    良い
  • T-34 レジェンド・オブ・ウォー
    「T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版」ロシア本国ボイスオーバー版をTジョイ品川で、3回目。今回のIMAX上映が最も没入感が高く、戦車の重低爆音に酔いしれた。悪党軍人イェーガー大佐はどんだけイブシュキン少尉が好きなんだよ!最後の握手シーンはハッピーエンドなのかも
    いいね

    良い
  • ミッドサマー
    「ミッドサマー」TOHO日比谷で鑑賞🌸🌹🌻 🌺🌸🌼 祭りの目的は五穀豊穣と子孫繁栄という名のセックス。 ラスト30分の「性の儀式」と「浄化の儀式」の物凄さはトラウマ級だった。燃えるクマ人間を見つめるダニーの苦悶の表情が微笑に変わるのが印象的。ある意味、ハッピーエンド?
    いいね

    良い
  • ミッドサマー
    「ミッドサマー」(続き) アリ・アスター監督は「ホラー映画ではなく、ダークコメディであり、失恋映画でもある」と話すが、確かにその通り。監督自身の失恋に込めた怨念が巧みに映像化されている。前作「ヘレディタリー継承」とは全く違うアプローチだが、充分に堪能できた。紛れもない傑作!
    いいね

    良い
  • 007/ゴールドフィンガー
    『007ゴールドフィンガー』アストンマーチン搭載のガジェット類のお披露目シーンは楽しい。ハロルド坂田演じる運転手&用心棒役の不気味さが印象的。石像を壊すシルクハットはやり過ぎで笑う。上空からの毒ガス散布シーンもコントのようで可笑しい。ボンドガールの役名がプッシー・ガロアって…。
    いいね

    良い
  • キャッツ
    「CATS キャッツ」TOHO錦糸町で鑑賞。舞台未見、予備知識なし。猫人間たちのルックが結構怖い。気持ち悪いのを克服し慣れれば何とか楽しめる。序盤、猫以外の生物(G)の登場に焦った。キャストの舞踊、歌唱は期待以上。捨て猫役のフランチェスカ・ヘイワードが美しかった。#キャッツ極上
    いいね

    良い
  • COLD WAR あの歌、2つの心
    「COLD WAR あの歌、2つの心」2回目は有楽町で。モノクロの映像美は往年の名画の佇まい。よく見たらミュージカル映画だった。魅力的な歌唱力を使い、常に愛を試すズーラ、運命の女に取り憑かれ翻弄されるヴィクトル。大胆な省略が想像力を掻き立てる。ズーラは物凄い悪女だった。名作!
    いいね

    良い
  • ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!
    「ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!」シネマート新宿。ノルウェーでのメタルフェスに出演する事になったバンドの珍道中。心優しきvoトゥロがシャイで可愛い。これは楽しんだ者勝ちのドタバタコメディ。宣材写真の撮影もどうかしてるし。大量ゲロ等、爆笑シーン多数。劇場で楽しめ!
    いいね

    良い
  • ラスト・クリスマス
    「ラスト・クリスマス」TOHO日本橋。G.マイケル、ワム!の名曲に彩られたロンドン発のロマコメと思ってたら裏切られた!脚本の勝利。駄目っ娘ケイトが移民、社会的弱者、家族との交流から気遣いや優しさを学ぶ姿が胸に響く。好青年トムの正体が判明した瞬間、涙腺決壊。ジョーカー感もあります。
    いいね

    良い
  • ドクター・スリープ
    「ドクター・スリープ」TOHO新宿。続編感は薄く、原作者寄りの折衷案の産物。正にシャイニングの話。ダニーと少女アブラが交信するまでは眠さとの闘い。ダンのライフルの捌き方は只者ではない。110分過ぎ、展望ホテル帰還後、やっと面白くなる。バーでは奴にも会えます。気軽にはお勧めしません
    いいね

    普通
  • ブライトバーン/恐怖の拡散者
    「ブライトバーン 恐怖の拡散者」TOHO錦糸町。E.バンクス主演のダークスリラー作品。超能力をもつ少年が秘めた能力を悪事に使ったらというアンチテーゼは興味深い。急激に成長する思春期の子供は親からは怪物に見えるのかも。隕石とともに降ってきたブランドンの出生の秘密は次回作で明らかに?
    いいね

    良い
  • T-34 レジェンド・オブ・ウォー
    「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(続き) 軍通訳の美女アーニャと戦車長イヴシュキンとのロマンスや、スローなVFX映像がエンタメ感をさらに増幅する。戦車、戦争に興味がなくても楽しめる超娯楽大作に大いに満足できた。
    いいね

    良い
  • イエスタデイ
    『イエスタデイ』TOHO日比谷。中学生が考えそうな突飛な設定を映画化した燃える商魂に感心。完全なピエロに徹したエド・シーランが印象に残る。キュートな魅力が爆発するリリー・ジェームズはマジ女神。終盤、海辺の”あの人”の存在が本作の肝。ダニーボイル監督はこれが撮りたかったのでは?
    いいね

    良い
  • プライベート・ウォー
    9/13公開「プライベート・ウォー」秋葉原試写会。実在の女性戦場記者、メリー・コルヴィンをロザムンド・パイクが熱演。しゃがれ声、煙草の吸い方、痩せ細った裸体…まるで本人が憑依したような演技が凄い。ラペルラの高級ブラは奔放な性衝動だけではなく、死の覚悟の表れでもあり象徴的
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2272movies / tweets

    follow us