renn6161

さんのマイページ
renn6161
つぶやいた映画
2,559 本
総ツイート
2,876 件
マイページ閲覧数
44,977 view
ウォッチしている
24 人
ウォッチされている
24 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

renn6161さんは、まだ設定していません。
スターされたスターした
renn6161さんにスターした人(61人

pv3shNNgGG4gron

sakurajima1914

paranoiaquality

KJ_LINE

Yu_Luck

kei_shioko

32one

Macio_Low

masa_mitsu

yes_exclamation

ohtk4i

stresscinema_3

toomilog

tetsukichi

89jpe

WaseiG

1224Lowtech

reptilicus1

jedi444walker

eri1_10bit

dorami1203

Hewmoon

Hanashi_Sagashi

binwhobin

trans_american

adzukiaddict

HIP_K

e_sotihh

kiruroi0321

4410_Kupa

__bunzuiro__

MiuraYoh

Pooh_kuru_san

▼ もっと他のユーザーを見る
  • メアリーの総て
    『メアリーの総て』子どもの頃親の本の背表紙で「フランケンシュタイン」に女性の名前を見つけて嬉しかったことを思い出す。メアリの生い立ち、激しい恋の中で失ったもの、得たもの。怪奇な物語に秘められたものはファンタジーではなく実体験。
    いいね

    良い
  • ジョジョ・ラビット
    『ジョジョ・ラビット』ヒトラーへの熱狂や少年の洗脳をこう描くのかという驚き。悲惨な場面は「これでもか」ではなく内省から気付かせる演出だと感じた。スカヨハ、ロックウェルの演技もしっかりと物語を支える。監督の想いが溢れて泣いてしまった。
    いいね

    良い
  • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』人間パートでまさかの寝落ち。だけど怪獣たちの咆哮を聴けば、目はカッと開き画面に釘付け。自然と人間を大きく包む破壊王ゴジラ。我らが神。お馴染みの怪獣たちも愛おしい。続編も期待!
    いいね

    良い
  • 喜望峰の風に乗せて
    『喜望峰の風に乗せて』最近「壮絶」の文字をレビューに載せすぎているので自重しようと思ったらこれもまた壮絶だった…最後まで観てわかるこの物語の意味(原題はThe Mercy)妻であり母であるレイチェル・ワイズの言葉は当事者ならでは。
    いいね

    良い
  • 運び屋
    『運び屋』山下達郎の「sundaysongbook」で年末妻に風邪を移さない為ホテルに隔離された話を聞く。部屋でこの作品を観た彼は最後のトビー・キースの曲に感動。渋いカントリー。90歳の男の後悔と戒め。イーストウッドの選曲が冴える。
    いいね

    良い
  • シャザム!
    『シャザム!』シャザーム!と意味なく朝から叫んでいる。ヘイヘイヘイ!とも歌っている。最初は子供向け?と不安になったがしっかり取り込まれてしまった。根っこにある「家族」の意味が明快で力強い。求めよ、さらば与えられん。シャザーム!
    いいね

    良い
  • 名探偵ピカチュウ
    『名探偵ピカチュウ』西島秀俊✖️ピカチュウの破壊力は半端なかった!撫でられるピカチュウ、悶えるピカチュウ、クールなピカチュウ、戦闘モードのピカチュウ…連休明けで脳みそがやや混乱しているのは自覚してますが、とにかく西島ピカチュウ最高!
    いいね

    良い
  • スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』全て観終わってから冒頭の映像は?と考える。序盤泣かされかけて、すっとピーターの世界へ。親愛なる隣人と呼ばれる彼だが自分らしい生活も送りたい。わかるよ!ムズムズ、アップグレードが注目ワード。
    いいね

    良い
  • 男はつらいよ お帰り 寅さん
    『男はつらいよ お帰り 寅さん』次々と画面が歴代のマドンナの笑顔・泣き顔を映し出す…ずるいよこれは、泣きますよ。寅さんの辛い生い立ちを知っているので改めてメロン事件が切ない。劇場で観ることが出来て感謝。少しの段差の手すりとか…ねえ。
    いいね

    良い
  • グリーンブック
    『グリーンブック』60年代のアメリカ。トニーを演じきったヴィゴ・モーテンセン、繊細で孤独なドンを演じたマハーシャラ・アリにはすっかり魅せられた。個人的に大好きなドゥワップはじめ音楽もいい。しかしアカデミーの頂点に立つ映画…ううむ。
    いいね

    良い
  • 女王陛下のお気に入り
    『女王陛下のお気に入り』宮廷を舞台にヨルゴス・ランティモスがまた挑戦的な作品を。自慰、セックスに何の意味も持たせず、自然光の残酷で美しい映像の中にグロテスクな化粧の男たち、女たちが何を失い何を得るのか。あの踏み加減はパーフェクト!
    いいね

    良い
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』壮大なサーガを終わらせるのは大変だったろう。もう少し大事にして欲しい登場人物や、え、そこそれで行く?と個人的にはあるもののアダム・ドライバーの見事な演技は見事。ファンファーレが鳴り響く。
    いいね

    良い
  • ファイティング・ファミリー
    『ファイティング・ファミリー』製作にD・ジョンソンの名が!もちろん出演もご本人役で。プロレスには疎いけれどこの物語には熱くなっちゃう。貧しいイギリスの家庭でも心が通じ合っていればここまでの絆が…エンドロールで驚愕。そして涙涙。
    いいね

    良い
  • トイ・ストーリー4
    『トイ・ストーリー4』ついにここまで来てしまったトイ・ストーリー。腕に包帯を巻いたボーが「こんなのなんでもないわ」と微笑み、カウボーイ姿のアンディは少しずつ自分でわかっていたことに目を向け始める…フォーキーのキャラも味わい深い。
    いいね

    良い
  • アラジン(2019)
    『アラジン(2019)』ウィル・スミス演じるジーニーを観ているだけで十分ハッピーになれるのにエキゾチックな世界と名曲やダンスがいっぱい!ヒップホップ出身でグラミー賞を受賞しているしよく考えると不思議はないんだけど、ウィル凄いぞ。
    いいね

    良い
  • タリーと私の秘密の時間
    『タリーと私の秘密の時間』ジェイソン・ライトマンの描く生活感がリアル。こだわりが強い息子、少女期に突入する娘、そして突然の妊娠…夫に負担をかけまいと懸命に日々を生きるマーロのもとに夜だけ助けてくれるベビーシッターが。かなり切ない。
    いいね

    良い
  • 500ページの夢の束
    『500ページの夢の束』ダコタ・ファニングが毎日着替えるセーターの色の美しいこと。彼女が日々重ねる努力も濁りがなく美しく輝いている。少しずつ自分のやりたいこと、やれることを増やす宝物の時間。脚本の中のスポックに想いを馳せて涙する。
    いいね

    良い
  • バンブルビー
    『バンブルビー』以前からビーのファンだったのでこのスピンオフは個人的に嬉しい。声が出なかった理由も明かされたし、チャーリーとの関わりも青春映画っぽくって…スピルバーグ風?80年代の音楽も好み。でももっとド派手でもよかったよ!
    いいね

    良い
  • 暁に祈れ
    『暁に祈れ』1時間くらいは恐怖と嫌悪感の沼にどっぷり。刑務所や囚人たちが本物と聞いて納得。場の力と大勢の入れ墨の男たちの過去、そして現在の絶望が押し寄せて来るので要注意。ムエタイの映画でもあると思うけど、スポーツ映画じゃない…怖い!
    いいね

    良い
  • THE GUILTY/ギルティ
    『THE GUILTY/ギルティ』なるほどそう来たか!正直かなりストレスフルな時間が続くので着地が不安だったのだけど、投げっぱなしではありません。アイディアと声、緊急オペレーターの様子だけでここまで魅せてくれて満足です!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...