takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
798 本
総ツイート
798 件
マイページ閲覧数
13,463 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
スターされたスターした
takajan72さんにスターした人(23人

Hewmoon

KJ_LINE

brimley3

MioCastello

Hanashi_Sagashi

stresscinema_3

tweet_eiga

frodopyon

trans_american

MJfuushinka

ichiwheat

cwheather42

ma24ta

INAUANDI

1224Lowtech

koba84Q

eliminator250v

ponchansss

sisi_sonson

ultra_k_zero

GD_momoco

salut0624

katsurahitori

  • 流浪の月
    『流浪の月』まだまだ世の中はステレオタイプで多様性に理解がなく息苦しい、お互いにお互いを縛っている感じですね。ただそんな中で生まれるドラマに一筋の美しさを感じるのも、また不思議なものです。映画単体でも見応え充分、原作も気になります。
    いいね

    良い
  • 大怪獣のあとしまつ
    『大怪獣のあとしまつ』もっとリアリティを求めていたのですが、ここまでコメディ要素が強いとは!でも大臣同士のやり取りや政府発表の裏側なんて、真実よりもご都合主義という意味でリアルです。どの立場にも立ちたくない大人の嘘の付き合いっ子です
    いいね

    普通
  • ONODA 一万夜を越えて
    『ONODA 一万夜を越えて』私が幼児の頃に太平洋戦争から帰還、小野田さんは気になる存在です。映画や本では真実の深い所を知る事ができません。彼や彼の人生を勝手にイメージして、自分に取り入れるのみです。でも生前にお話ししたい方でした。
    いいね

    良い
  • 護られなかった者たちへ
    『護られなかった者たちへ』ミステリーとしては捻りが少ないですが、杓子定規な社会と人間に対する憤りを感じる作品です。モネがあんな事をするとは!俳優も舞台も『おかえりモネ』と被っているので、仙台人としては別の角度からの楽しみもありました
    いいね

    良い
  • 浜の朝日の嘘つきどもと
    『浜の朝日の嘘つきどもと』これぞミニシアター系と言える大傑作、南相馬に実在した老舗の映画館を立て直す話です。震災やコロナや人間関係、全て正とも負とも捉えられます。高校時代から負の経験が続いた女性が、周囲を巻き込み引っ張る姿は圧巻です
    いいね

    良い
  • ミナリ
    『ミナリ』アカデミー賞最有力!の触れ込みで鑑賞。確かにオスカーに無難なストーリーですが、決め手に乏しく物足りなさを感じます。ただ家族やアイデンティティを描いており、何を優先するか等、自分と重ね合わせて観られる要素も併せ持っています。
    いいね

    普通
  • シン・エヴァンゲリオン劇場版
    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』全理解は難しいものの大満足です。ほわほわする前半、謎が解明されていく後半、意外だけど私好みのラスト、やっとエヴァを閉じれました。私は一少年の思春期の心の動きを、エヴァ作品と言う形で描いていた気がします
    いいね

    良い
  • 花束みたいな恋をした
    『花束みたいな恋をした』優しいタッチと詩的な表現、大きな事件が起きないのに、物語と二人に惹き込まれ、いつの間にか応援していました。ラストのカフェの情景、観終えた後の止めどない余韻、ふとタイトルの意味を考えた時、新しい心境を得ました。
    いいね

    良い
  • 罪の声
    『罪の声』グリコ・森永事件、私の中学の先生がキツネ目で、警察が事情聴取に来たと噂になったほどの社会現象でした。もうどうでも良いと思ってましたが、作中の「勝手な理屈で被害を受けるのは弱者」や三人の子供達の行く末が気になって釘付けでした
    いいね

    良い
  • AI崩壊
    『AI崩壊』このテーマは繰り返し作品になってますが、いわゆるロボット三原則ものです。不完全たる人間が、AIを完璧に使いこなせると思うこと自体に驕りがあり、原発と被ります。この作品は、その未来の可能性の一つをリアルに描いた秀作でした。
    いいね

    良い
  • 前田建設ファンタジー営業部
    『前田建設ファンタジー営業部』まさか泣けるとは!マジンガーZの格納庫を造るべく、体を張った熱量がビンビン伝わって来ます。何かに取り憑かれるって素敵です。小技も見事だし、眼をそらす隙が全くありません。これは絶対見なくちゃ損する作品です
    いいね

    良い
  • オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁
    『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(吹替)』全てが無茶苦茶ですが、ネパールやエベレストの映像やスリルもさながら、邦画にはない意外性や新鮮さもあり、素晴らしい作品です。クライミングはヨガのように、そしてロープで救える命がある事を実感!
    いいね

    良い
  • ホテル・ムンバイ
    『ホテル・ムンバイ』長く続く残酷な銃殺シーンは苦痛で、観に来なければ良かったと思いました。ただインド社会や両者の心理、ホテルマンの活躍等、見所は多かったです。でも争いはイタチごっこ、聖戦などなく、仇討ちの大義名分を生み出すだけですね
    いいね

    良い
  • アド・アストラ
    『アド・アストラ(IMAX)』息を呑むような宇宙空間の描写は素直に楽しめました。ただ精神が限界を超えるのは、宇宙からの警笛かもしれません。近未来でも相変わらず戦争してるし、まだまだ人類はネクストステージへ行けないのかなと感じました。
    いいね

    良い
  • 空母いぶき
    『空母いぶき』守るために闘う事が大義か否か、私には永遠の課題ですが、秋津艦長の迷わぬ在り方にどこか納得してしまいました。東亜連邦の様子が全く見えないので、クリント・イーストウッドの硫黄島2部作のような相手視点の作品も観てみたいです。
    いいね

    良い
  • 沖縄スパイ戦史
    『沖縄スパイ戦史』国を守ると言う耳障り良い言葉、国は国民ではなく国体を指す事に今更ながら衝撃を受けました。戦後も政府方針は変わらず、また同じ事が起こる基盤は整っています。戦争の悲惨さを伝え続けても、何の成果も出てないのが今の現実です
    いいね

    良い
  • セッション
    『セッション』凄い作品です。確かに超一流が生まれる一つのケースであり、倫理感は脇に置いて観なければなりません。吹っ切れた人間の底力、師弟の駆け引きの絶妙さ、先読みの難しさ、惹き込まれました。超一流に近づいた時の師弟関係、そのラストは?
    いいね

    良い
  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
    『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』★★★★☆(五つ星評価)
    いいね

    良い
  • カメラを止めるな!
    『カメラを止めるな!』この異常なブームは少し極端過ぎますが、笑いの持って行き方はうまいし、映画製作における現場のドタバタ感も痛快でした。映画に深い質感を求めると満たされませんが、お祭り気分でサクッと観るには楽しい作品だと思いました。
    いいね

    普通
  • ラ・ラ・ランド
    『ラ・ラ・ランド』曲と雰囲気が抜群です。切ない結末が一層作品を彩ります。過去には戻れないが故に、様子見と言う先延ばしはリスクです。これは夢を諦めない事と共に本作の教訓ですが、それよりしばらくこの切なさにドップリと浸りたい心持ちです。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3736movies / tweets

    follow us