uwfcaptured

さんのマイページ
uwfcaptured
つぶやいた映画
919 本
総ツイート
1,210 件
マイページ閲覧数
12,546 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
6 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
スターされたスターした
uwfcapturedさんにスターした人(36人

Kubric2001

Macio_Low

MiuraYoh

reptilicus1

puffcafe

stresscinema_3

frodopyon

1224Lowtech

brimley3

Hanashi_Sagashi

GD_momoco

yagi_gabu

HBF_gurimu

xxtonchiki

nodatetu

37RecGvkZxRJUqX

mokomoko37

marumarumoheji

youpon0gou

magenta_wing

eliminator250v

KanataXa87235

Yuji_SeP

ore_furyohin

futagami2443

axaxax22xxx

4410_Kupa

xiahco

hinamyon

paranoiafreaks

neti2

ma24ta

ichiwheat

▼ もっと他のユーザーを見る
  • 新聞記者
    『新聞記者』続き。全体を覆う薄暗さは何なのか、るで震災後の東京かと思った。重さを中和させる目的の本田翼の置物感も気になったり。あと生まれたばかりの赤ちゃんに新生児感が無いとか気になる部分は結構あるが、個人的には大好きな部類の作品。
    いいね

    良い
  • 新聞記者
    『新聞記者』角川シネマ有楽町。直近のニュースを意図的にベースにするあたりはあまり上手くは無いが観る人に届かせるためには有効かも。苦悩する松坂桃李、真実を追い続けるシムウンギョンどちらも良かったが、田中哲司の不穏な悪人顔にはやられた。ラストカットが彼ならばもっと褒めちぎっていた。
    いいね

    良い
  • コレット
    『コレット』TOHOシャンテ。実話ベースと知り、女性が窮屈な時代の中でかなりコレットは時代の先端にあったのでは。夫がクズなのは言うまでも無いが、不寛容な中である意味夫婦間は作品の為とは言え寛容的というか今の感覚でも信じられない選択をしている。今作のK.ナイトレイは男前です。
    いいね

    良い
  • オーヴァーロード
    『オーヴァーロード』TOHO錦糸町。数分に一度はギョッとする描写が出てくるので緊張が途切れない。人の命が結構軽くサクサク死んでいくのでワクワクが止まりません。加えて生き返ったりもするので2度楽しめます。人体実験なんて荒唐無稽に見えるがナチスなら有り得る感じも組み合わせの妙。
    いいね

    良い
  • アベンジャーズ/エンドゲーム
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』TOHOコルトンプラザ。あの絶望的展開からの物語としては文句のつけようが無い。MCUをこれまで観てた人なら満足間違いなしです。ホークアイ好きとしては冒頭のシーンからお腹いっぱいになれました。ヒーロー達のわんこそばみたいな作品になってます。
    いいね

    良い
  • シャザム!
    『シャザム!』UC浦和2D字幕。ご当地ゆるヒーロー誕生といった感じのマッチポンプヒーロー映画。映画単体で見れば面白いが今後DCEUに融合するかと思うと不安しか出てこない。ヒーロー促成栽培問題もあるが、映画内QUEEN楽曲使いすぎも気になる。何でも良く見える味の素みたいな感じ。
    いいね

    良い
  • EVA エヴァ
    『EVA エヴァ』ザ•シネマで鑑賞。小悪魔的なエヴァが魅力的。映像がきれいで、大きなスクリーンで観たらもっと満足出来たかも。でも、映画館で見逃した作品に出会えるのもCSの良いところ。
    いいね

    良い
  • 魂のゆくえ
    『魂のゆくえ』HTC渋谷。キリスト教的宗教観が無いので理解しづらい部分は多い。ラストもメインディッシュ前に晩餐が終わるような肩透かし感が。とはいえあのまま進んだらテロの肯定になるので、ここはピンポイントで仕留めて欲しかった。
    いいね

    良い
  • イップ・マン外伝 マスターZ
    『イップ・マン外伝 マスターZ』新宿武蔵野館。継承ではタイソン、今作はD.バウティスタと格闘系のゲスト再び。勝敗を有耶無耶にする点は気になるが、投げっぱなしパワーボム、フランケンシュタイナーなどある意味時代を先取りの大技連発で大満足。自分も木人椿で稽古したくなる良作。
    いいね

    良い
  • 迫り来る嵐
    『迫り来る嵐』HTC有楽町。終始雨が降り続く陰鬱なシーンの連続にこちらの心まで削られていく。保安係の勝手捜査により解決する訳でもないし、ラストのちゃぶ台返しにより何が正しかったのかも分からなくなっていく。
    いいね

    普通
  • クリード 炎の宿敵
    『クリード 炎の宿敵』丸の内ピカデリー。今回はドラゴの息子と闘うと聞けば全ての人が結末の想像がつくがそれでも泣けるのがロッキー&クリードシリーズの良いところ。今回はドラゴ父子に泣かされるとは。母親との関係も対比が効いていて面白かった。
    いいね

    良い
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』早稲田松竹。恐らく何度観ても理解しにくい作品。あの少年はどうやってあの症状を起こさせたのとか疑問しか出てこない。メタファーと言われても何のメタファーかもわからん。どれにしようかなでライフルを撃つのは新鮮だったかも。
    いいね

    普通
  • 来る
    『来る』TOHO錦糸町。主役が誰なのか結局よく判らないまま終わった。妻夫木&黒木パートだけに絞ればそこそこ観れる作品なのに勿体無い。役者陣に問題ないので監督、脚本に問題あり。岡田准一の最後のセリフがこの映画を言い当てている。
    いいね

    普通
  • RAW~少女のめざめ~
    『RAW 少女のめざめ』キネカ大森。主人公が次第にグルメになっていく作品。食材選びも大変だし、家族もグルメだったり悩みが深いなと。序盤の血ぶっかけ儀式が死ぬほど不快だったり、うさぎの生肉で体に拒否反応が出るシーンが痛々しかったり、ドン引きする場面の多い1本。
    いいね

    良い
  • 勝手にふるえてろ
    『勝手にふるえてろ』6回目鑑賞@キネカ大森。DVD発売後なのに満員なのは嬉しい。この作品が何度でも観れるのはテンポの良さと前半の何気ないシーンが後半の伏線になっているところなんだよな〜と思いつつ楽しく見れました。劇場もみんな笑いが大きくやはり映画は映画館で見るものと再確認。
    いいね

    良い
  • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
    『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』TOHO日比谷。大統領の陰謀やザ・シークレットマンよりはだいぶエンタメより。数誌の新聞を前に主演二人が腕を組むシーンが個人的ハイライト。恐怖や忖度など気にせずシュートを仕掛けろというメッセージを私はスピルバーグから受け取りました。
    いいね

    良い
  • クワイエット・プレイス
    『クワイエット・プレイス』TOHO日本橋。音を立てたら即死感を冒頭で提示するので、こちらまでじっとして観ざるをえない。釘からのE.ブラントの頑張りは手に汗握る。反面、この家族の子供が無能過ぎて、不幸のきっかけは全てお前らの無責任な行動だぞと。
    いいね

    良い
  • 死霊館のシスター
    『死霊館のシスター』UC豊洲。死霊館シリーズと思うと考えてしまうが、ホラー作品として見ればなかなかの出来。T.ファーミガの置き所も素晴らしいし、フレンチーの役所もいい。反面神父が結構なポンコツに見える。終盤水に沈めらた後のカブキばりの毒霧攻撃にテンション上がる。
    いいね

    良い
  • レヴェナント 蘇えりし者
    『レヴェナント 蘇えりし者』豊洲鑑賞。いいシーンもあるが大半は冗長だったりする。エッセンシャルキリングを見たときにも同じ感覚に。自然光だけで撮るなど意欲は買うが、だから面白いには繋がらない。クマちゃんとのワンマッチの撮影方法は気になる。
    いいね

    普通
  • アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
    『アバウト・タイム 愛おしい時間について』R.マクアダムスが超絶にカワイイのでオススメなのだが、タイムトラベルの設定がアバウトなので困惑してしまう。未来には行けないけど過去から現代に戻れるのかがふわっと描いているのが原因だと思う。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...