しみじみ

を含む「大統領の執事の涙」のつぶやき
「大統領の執事の涙」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    174
  • 普通
    17
  • 残念
    0
総ツイート数
6,931
ポジティブ指数93
公開日
2014/2/15
原題
The Butler
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズは、ひとりで生きていくため、見習いからホテルのボーイとなり、大統領の執事にスカウトされる。それ以来、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンという7人の大統領に仕えてきた。キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争…目の前で時代が大きく揺れ動く中、セシルは忠実に働き続けるが、執事であると同時に、“夫”であり“父”でもあった。理解を示す妻とは別に、白人に仕える父の仕事を恥じ、反政府運動に身を投じる長男。兄とは逆に、国のために戦うことを選びベトナム戦争へ志願する次男。激動の時代の中で、彼が世界の中心で見たものとは…。
(C)© 2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.
 
  • shinobi71489835
    「大統領の執事の涙」良い映画だった…しみじみ(´ω`)
    いいね
  • stamamushi
    今日は「大統領の執事の涙」を見た。人種差別という負の歴史を、一家族の物語として、温かくしみじみと見せてくれた。「幸せな家族」を象徴するとき、初歩的なピアノ曲を流すのはよくある手だと思うけれど、今日のソナチネは素敵な演奏で、そうだ、こういうふうに弾けばいいんだ! と、思わずハッと。
    いいね
  • scrubcat
    大統領の執事の涙、しみじみと、そして力強いドラマでした(*^^*) アメリカ現代史も習ったことを懐かしく思い出しました♪
    いいね
  • Luckyday501
    大統領の執事の涙を見てきました。淡々とストーリーが進むけど見終わってしみじみと良さが沸き上がってくるような映画でした。アメリカ近代史の勉強にもなります。人種差別なんてかなり昔の気がしてたけど、自分が生まれた頃はまだ真の平等じゃなかった事にちょっとショックうけた。
    いいね