しみじみ

を含む「15時17分、パリ行き」のつぶやき
「15時17分、パリ行き」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    186
  • 普通
    59
  • 残念
    15
総ツイート数
18,591
ポジティブ指数86
公開日
2018/3/1
原題
THE 15:17 TO PARIS
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
94分
解説/あらすじ
2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼なじみの3人の若者が犯人に立ち向かった――。 87歳で映画界の第一線を走り続けるイーストウッド監督が今回描くのは、2015年8月21日、500名以上の乗客を乗せたパリ行きの特急列車内、乗客全員をターゲットにした無差別テロ“タリス銃乱射事件”。「The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Heroes」(アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジェフリー・E・スターン著)に基づき、イスラム過激派の武装した男が企てるなか、犯人に立ち向かった3人の若きアメリカ人を描く。
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC - - U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA © 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
 
  • miyama_kinuco
    ああ、でも、旅はいい。ヨーロッパの列車旅をしてみたくなる。『15時17分、パリ行き』は、ある意味、『ローマの休日』方式の映画といえるかもしれない。まあ、おかしな映画だけど(笑)、しみじみと、よい映画だった。
    いいね
  • sika2_
    「15時17分、パリ行き」見てきた。彼らの、必ずしも思い通りに行かなかった人生はこの時のためにあったんだなって、なんかしみじみと感動してしまった。それにしても主要キャストはみんな素人(というか事件の当事者本人)なのにみんな達者やなぁ。アレクはちょっとぎこちなくて愛嬌があったが。
    いいね
  • rennstars
    「15時17分、パリ行き」、しみじみ良い映画だった。劇的なドラマや事件を期待して行くと完全に裏切られる。これは「何者かになりたくて軍にも入ったけど何者にもなれぬ日々を過ごしてきた田舎者アメリカン・ボーイの半生とロードムービー」、こういうのを撮らすとイーストウッドは死ぬほど巧い……
    いいね
  • kurenosora
    「15時17分、パリ行き」 ヒーロー映画の派手さも好きだけれど、こういう映画も好きだなぁとしみじみ感じました。 小さい頃からの男友達3人の旅行する様が楽しそうで可愛かった。
    いいね
  • brzbb01
    『15時17分、パリ行き』観た。ストーリーというか物語られることというのはすごくシンプルで、本人が演じてるというのもまったく違和感ない、というか、しみじみと感動する。実際のニュース映像が使えるというメリットもあるし。にしても、本人が演じる再現ドラマという、珍品ではあると思う。
    いいね