しみじみ

を含む「あのこは貴族」のつぶやき
「あのこは貴族」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    52
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
602
ポジティブ指数98
公開日
2021/2/26
配給
東京テアトル/バンダイナムコアーツ
解説/あらすじ
都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育てられ、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまう。気が付けば 20代後半、名門女子校の同級生たちの結婚、出産の話を聞くたびに焦りが増すばかり。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・青木幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、幸せが叶えられたかに思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に慶應大学に入学し上京したが、学費のために夜の世界も経験したが、中退。恋人はなく、仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。同じ都会で暮らしながらも、出会うはずもなかった 2 人の人生が静かに交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく。山内マリコが、東京の異なる<階級>に生きる女性たちの葛藤を描いた傑作長編小説「あのこは貴族」の映画化。
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
 
  • PandaNakanohito
    「あのこは貴族」を観ました。丁寧に作られた作品はいいものだなとしみじみ。分断と循環が主題かなと感じました。透明の壁を取りはらい分け隔てられていた世界をつないでいくのは女性たち。彼女たちの何と輝いていることよ。女はサーキュレター。
    いいね
  • tasosuimmer
    予定を済ませて観られる本日のチョイス「あのこは貴族」、しみじみと良かった。 ほぼ東京でも端の方住まいで、多分私は有利なシャワーは浴びている。貴族ほど金持ちでもなく地方から挑み続けるほどタフでもないのが私の中途なところだね。そんなことを思う。 女たちの微笑みはどれも良かった。うん。
    いいね
  • 138_kaz
    『あのこは貴族』しみじみ良かった。元来住み分けされ接点のない階層の違う二人の女性が出会うことで、それぞれに息苦しさを感じていた世界から脱する様は見ていてとても清々しい気持ちになった。しかも二人の接点となる人物は更に上の階層の存在というのが面白い。彼は幸せになれただろうか・・・
    いいね
  • kannnamist
    『あのこは貴族』よかった しみじみと穏やかな話 階層の違い それぞれの思いと日常
    いいね
  • 624ken
    ヒューマントラスト有楽町で『あのこは貴族』を鑑賞。都会生まれ、地方生まれ、家柄の違う女性二人。違う環境下でも、それぞれ生きづらい。結婚への焦りは気の毒だなあって思うところ。それぞれの価値観で自立して生きれればいいですね。しみじみ。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info

    follow us