ほのぼの

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • nagi_tsubu
    『ありがとう、トニ・エルドマン』勝手にほのぼの系かと思っていたら、シュールな笑いが散りばめられた作品だった。父親の鬱陶しさや愛情にほどほどに共感しつつも、それでも自分の親に対して心広く穏やかには接することが出来ないなと思う。人間関係て難しい。
    いいね
  • seventh_J
    ありがとうトニ・エルドマンを見てきた。 すっげえ地味……だが、じわぁーっと父親の愛情が広がってくる。どこにでもいる鬱陶しい父親。なんだろう。ひたすらにほのぼのとしたあったけえ映画でした。
    いいね