イマイチ

を含む「パトリオット・デイ」のつぶやき
「パトリオット・デイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    126
  • 普通
    10
  • 残念
    5
総ツイート数
7,341
ポジティブ指数95
公開日
2017/6/9
原題
PATRIOTS DAY
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。突如、群衆のまっただ中で大爆発が起こり、歓声は悲鳴に変わる。到着したFBIのリック(ケヴィン・ベーコン)は現場を見ると「これはテロだ」と断言。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。彼らの犯行と思われる市民の拉致事件と市街での銃撃戦まで勃発、知事は異例の措置で街を完全に封鎖する――。
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
 
  • getterobog
    『パトリオット・デイ』イマイチと予想した割に楽しんだ部分が多かった。爆破から阿鼻叫喚を表す為の、執拗に映す欠損した脚部の連続。膝から下を切断する手術を夫婦交互に見せる編集。ラストに連なる実際の映像や本人インタビューは、今まで展開してきた劇映画への没入感を破壊する。銃撃戦は微妙。
    いいね
  • IllGenio
    『パトリオット・デイ』を観賞。前から思ってた事だけど、例えば実際に起こった痛ましい事故や事件を扱った作品を見て個人的にイマイチだったとしても、素直に批評を述べにくい、憚られる雰囲気に違和感を覚える。見たのはあくまで劇映画なので感想は様々だろうと思う。自己採点は5段階評価で4.5。
    いいね
  • lp_eiga
    『パトリオット・デイ』を観賞。『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』に続く、ピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグ主演のタッグ。少し単調に感じたことと、唐突なメッセージの挿入に戸惑ったことはイマイチだったけど、エンドロールの直前にグッと来た。
    いいね