ハラハラ

を含む「三度目の殺人」のつぶやき
「三度目の殺人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    89
  • 普通
    28
  • 残念
    11
総ツイート数
18,665
ポジティブ指数84
公開日
2017/9/9
配給
東宝・ギャガ
解説/あらすじ
それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。その弁護を担当することになった重盛。裁判をビジネスと割り切る彼は、どうにか無期懲役に持ちこむために調査を始める。だが、何かが、おかしい。調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。三隅の供述は会うたびに変わる。動機さえも…。弁護に真実は必要ない。そう信じていた弁護士が、初めて心の底から真実を知りたいと願い始める。やがて、三隅と被害者の娘・咲江の接点が明らかになり、新たな事実が浮かび上がる――。
(C)© 2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
 
  • not_found27
    三度目の殺人 シリアスで終始ハラハラ。とても深くて考えさせられる作品だった…法廷心理サスペンスと聞いて元法学部としては気になった。あ、法学部ガチです(´ー`)ドヤ
    いいね
  • fukou_girl
    『三度目の殺人』観た!司法がどうたらみたいな方向に行くか若干ハラハラしたものの終わり方が今っぽくない感じが非常に良かった。そして、私がいつも考えていることと同じようなことが描かれていて面白かったし、感触みたいなものをすごく上手く表現されていて日本映画はこれだから好き!と思った
    いいね
  • zzarame
    三度目の殺人面白かった〜〜斉藤由貴出てきてハラハラした😶
    いいね
  • nijiko_dx
    「三度目の殺人」観た。画面も内容もほとんどが暗く重いのでたまの光にハッとして目を細める感じ。以下ひとこと感想。 ・満島真之介、序盤で消えそうでハラハラ ・貫禄の役所広司 ・ゆるめ鋼太郎 ・アノおかげで斉藤由貴さらに怪しく ・雪原の足跡 ・忖度 ・残る疑問 ・それが狙いなのか
    いいね