中途半端

を含む「ブリムストーン」のつぶやき
「ブリムストーン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    22
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
583
ポジティブ指数80
公開日
2018/1/6
原題
BRIMSTONE
配給
クロックワークス
上映時間
148分
解説/あらすじ
小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師だった。「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去がよぎる。そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが…。果たしてリズの過去に秘められた“罪”とは。男は何者なのか? やがて彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる――。
© 2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films
 
  • kataha_at
    『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』観賞。『ブリムストーン』があまりにヘヴィなのでバランス取りたかったのと、ヨーロッパコープ頑張れの意で。しかし、物語背景に決して軽くない話が中途半端に入っていて、「ヨーロッパコープマジで頑張れやゴラ゛ァ!」とベッソンに喝入れたい気分に。
    いいね
  • NOUSAGI_5
    「ブリムストーン」観てきた! 社会派にしたいのか、サイコサスペンスにしたいのか、信仰ものなのか、西部劇なのか、歴史物なのか、強い女が描きたかったのか、どうにも中途半端で長さの割に散らかってるんだけど映像が美しいし主演二人のビジュアルは良かった。
    いいね