中途半端

を含む「ザ・ファブル」のつぶやき
「ザ・ファブル」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    53
  • 普通
    9
  • 残念
    5
総ツイート数
4,127
ポジティブ指数91
公開日
2019/6/21
配給
松竹
上映時間
123分
解説/あらすじ
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」とボスは指令を与える。ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。殺しを封じ、普通を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織やファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ…。
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
 
  • takahashiNKS
    映画『ザ・ファブル』。ソダーバーグ監督的な「品のない洗練さ」を大阪という土壌の上でやりたい、という意思は分かる。分かるんだけどさ…。「品のない」も「洗練」もまったくもって中途半端で、結果的に「なんか変な映画だったな」という印象しかない。
    いいね
  • movingtoomuch
    「ザ・ファブル」見た〜。あんま悪いことはいいたくないがーー、漫画の方がオモロイんやー。でもーー岡准の肉体美とー、スパイダーマン張りのアクションはーーめちゃよかったんやー。そしてー、柳楽優弥の狂ったヤクザぶりは、演じてる本人も楽しそうで最高やと思うーー。(中途半端な佐藤の真似)
    いいね