余韻

を含む「殺されたミンジュ」のつぶやき
「殺されたミンジュ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
51%
  • 良い
    20
  • 普通
    12
  • 残念
    7
総ツイート数
821
ポジティブ指数80
公開日
2016/1/16
原題
One on One
配給
キングレコード、太秦
上映時間
122分
解説/あらすじ
「嘆きのピエタ」「メビウス」の鬼才キム・ギドクが、少女殺人事件を発端とする暴力の連鎖をスリリングに描いたサスペンス。5月のある晩、ソウル市内の市場で女子高生ミンジュが屈強な男たちに殺害された。し...
(C)2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
 
  • Mock_Turtle99
    『殺されたミンジュ』何故、ミンジュは殺されたのか、そして、復讐をしている彼らは何者なのか、最後にはちゃんとした説明があるのだろうと思っていたら・・・。繰り返される暴力、何が正義で何が悪か、この釈然としなさが不気味な余韻を後に残す。
    いいね
  • tinyreminder
    「殺されたミンジュ」、好きな映画ではなかったけれどなぜか余韻が長くていろんなシーンを折に触れて思い出す。
    いいね
  • B612_ver1
    「殺されたミンジュ」、復讐と暴力の行き着く先で感じるその光景はとてもずっしりと来て、考えさせられる物がある。 振り翳す正義の裏にある悪は、ある種隣り合わせで潜んでいて、それが振り切った瞬間、相手には不条理に容赦なく襲いかかるその惨さと哀しみが溢れていたのが深い余韻を残してくれる。
    いいね
  • B612_ver1
    キム・ギドク監督の「殺されたミンジュ」、観るのは東京フィルメックス以来だったけど、相変わらずハンパなく強烈だった。 物語の余韻とその重みを噛み締めよう。
    いいね