余韻

を含む「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のつぶやき
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    154
  • 普通
    10
  • 残念
    1
総ツイート数
6,906
ポジティブ指数93
公開日
2018/3/30
原題
The Post
配給
東宝東和
解説/あらすじ
ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと、時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する――。
(C)© Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
 
  • tao_sol
    「ペンタゴン・ペーパーズ」も、スピルバーグ監督なのか… さすが巨匠。 ゲームで遊んでるだけじゃない。 あのラストの余韻が、本当に怖い。 シャイニングの斧よりも怖い、両刃の握れなさ。
    いいね
  • drinkbarkamo
    「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」★★★★社会派でシリアスなテーマを一級のエンタメとして仕上げたスティーブン・スピルバーグ監督の手腕が光る。記事が印刷され新聞になる過程が興味深く壮観。安易な余韻を与えず、誰もが知るウォーターゲート事件を予感させ熱を帯びたまま終わるのも良い。
    いいね
  • iKootaroo
    『ペンタゴン・ペーパーズ』あまりの良さに余韻が消えず。これぞ映画。
    いいね