余韻

を含む「バーバラと心の巨人」のつぶやき
「バーバラと心の巨人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
49%
  • 良い
    19
  • 普通
    16
  • 残念
    2
総ツイート数
1,992
ポジティブ指数81
公開日
2018/10/12
原題
I KILL GIANTS
配給
REGENTS/パルコ
上映時間
106分
解説/あらすじ
風変わりな少女バーバラにはある使命があった。それは、やがて襲来する巨人を倒すこと。しかし姉のカレンやモル先生、初めて友達になった転校生のソフィアでさえも、すぐそこに迫る巨人の存在を信じようとせず、「現実から目をそらすな」というばかり。しかし、遂にバーバラの目の前に巨人が現れる。果たして、巨人がバーバラにもたらす試練とは――?
© I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017
 
  • uchib
    『バーバラと心の巨人』、原作を読み返して余韻に浸る。
    いいね
  • hinoeumathurman
    『バーバラと心の巨人』まさかとは思ったけど、去年の「怪物はささやく」とそっくり。問題を克服した後がはっきりしすぎて、詩情や余韻に欠けるきらいがあるけど、この作品を必要としてる子供はたくさんいるはずなので、作られる意義はある。全てのしわ寄せが行ってるイモージェンプーツが可哀想過ぎた
    いいね
  • tannosukeP
    『バーバラと心の巨人』 己の内面に潜む怪物と、、、的な話は他にもあるがこれは邦題が残念なパターン。巨人とは何か、めちゃ丁寧に解説されるので余韻的なものがないのが残念。意外にVFXが凄く戦闘シーンも短いが○ ただバーバラはちょっと変過ぎて感情移入はできない。75点 #コタ映画
    いいね
    関連動画

    follow us