余韻

を含む「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のつぶやき
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    88
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
1,391
ポジティブ指数95
公開日
2018/7/6
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
122分
解説/あらすじ
1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会”を立ち上げた。待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのがボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは?
(C)2018 Twentieth Century Fox 
 
  • dai_1976
    W杯の決勝はバトルオブザセクシーズの余韻が残ってて今一集中して見られなかった。
    いいね
  • onigiri_nter
    バトルオブザセクシーズは女性差別とLGBTQ両方を明確にテーマとして掲げつつ、そのふたつがごちゃつかずに両テーマを別々のアプローチで取り上げてて、構成がよかったんじゃないかなあと感じた 試合が終了し、物語も終幕を迎えるけど少し物悲しく残る余韻がなかなか素敵だった
    いいね