傑作

を含む「殺人者の記憶法」のつぶやき
「殺人者の記憶法」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    107
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
1,679
ポジティブ指数96
公開日
2018/1/27
原題
살인자의 기억법
配給
ファインフィルムズ
上映時間
118分
解説/あらすじ
アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件…これはやつの仕業なのか――?
© 2017 SHOWBOX AND W-PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
 
  • meguru_ppp
    「殺人者の記憶法」観ました。痴ほう症を患った初老の殺人者の映画。光明が見えたと思ったら何度も振り出しに戻されるような語り手の記憶の錯綜に、こっちも「もうそろそろ助けて!」って叫びたくなっちゃう位翻弄され続ける…。構成が巧みなので俯瞰して見る暇が無いんです。傑作だなー
    いいね
  • dhyan_s
    『殺人者の記憶法』 脚本、演出、撮影、役者の演技、どれを取っても高水準の傑作。めまいショットが演出として活かされているし、終盤のある構図が引きのフィックスなんだけどほんのちょっとだけ傾けていて、その不安定感に痺れました。画面の隅々まで隙のないこれぞ映画、観るべし。
    いいね
  • rino5150
    「殺人者の記憶法」オ・ダルスがジャジャン麺を食べるシーンを見た瞬間から、この映画は傑作になるなと思ってました。
    いいね
  • masakiyyyy
    『殺人者の記憶法』破壊、血みどろバトル、超展開、性的な女優、オ・ダルスと欲しいものが全部詰まった傑作。記憶が曖昧な主人公というある意味何でもありな設定にそれなりに説得力があり、伏線の回収にも素直に驚いたぜ。
    いいね