号泣

を含む「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のつぶやき
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    63
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
2,009
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/20
配給
東京テアトル
解説/あらすじ
『この世界の片隅に』に新たに約30分の新規シーンが付け足され、「さらにいくつもの人生」が描かれたもうひとつの映画。ここではひとりぼっち、と思ってた。広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる――。
© 2018こうの史代・双葉社 /「この世界の片隅に」製作委員会
 
  • maru_a_gogo
    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のんをはじめとした声優たちが素晴らしい。子役を含めて全員キャラに合っている。そして、複雑な心境もきちんと表現している。『この世界の片隅に』は何度も見ているのに号泣してしまった😭素晴らしい👏
    いいね