号泣

を含む「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のつぶやき
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    134
  • 普通
    17
  • 残念
    0
総ツイート数
2,309
ポジティブ指数90
公開日
2019/8/30
原題
Once Upon a Time in Hollywood
配給
ソニー・ピクチャーズ
解説/あらすじ
クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作となる最新作。1969年のハリウッドを舞台に、実際に起こったチャールズ・マンソンによる女優のシャロン・テート殺害事件を題材に描く。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
 
  • rytko627
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ラスト、タランティーノ監督作品で初めて泣いてしまった。インターホンの声で号泣。また、出演作品を映画館で鑑賞し、観客の反応に嬉しそうにするシャロン・テートがとてもかわいい。
    いいね
  • rumaneklyn99
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』観た。最高の役者たちを眺め尽くす最高の観察映画やね〜くらいのかんじで淡々と観ていたら、いかにもタランティーノなあれこれの後に本編の最後に映る風景でウンググゥ(号泣)と心が締めつけられてしまいましたね。とても良かった。
    いいね
  • acidman222
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 終始映画と両想いでいたいという話だったと思うのだけど、そうやって映画に恋してる僕のような観客に対する最高の承認を与えてくれるような映画館のシーンで久しぶりに大号泣してしまった。 #twcn
    いいね