天才

を含む「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」のつぶやき
「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    102
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
3,672
ポジティブ指数96
公開日
2018/3/3
原題
MAUDIE
配給
松竹
上映時間
116分
解説/あらすじ
カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町の商店で買い物中のモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット。モードは束縛の厳しい叔母から逃げるため、住み込みの家政婦になろうと決意。彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。子どもの頃から重いリウマチを患い、一族から厄介者扱いされてきたモード。孤児院で育ち、学もなく、生きるのに精一杯だったエベレット。そんなはみ出し者同士の同居生活はトラブル続きだった。しかし、モードがこしらえた熱々のチキンシチューを口にして、エベレットは孤独だった心が温まるのを感じる。やがて2人は互いを認めあい、結婚することに。そんなとき、顧客のサンドラがエベレットに会いに訪れる。ニューヨークから避暑に来ている彼女は、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜き、絵の制作を依頼する。サンドラの期待に応えようと、モードは夢中で筆を動かし始めた。壁に、板に、請求書の裏に。そんな彼女を不器用に応援するエベレット。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領からも依頼が来るが…。
© 2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./Parallel Films (Maudie) Ltd.
 
  • sarry_kk
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』を観た。不器用な二人の出会いはある意味運命的で他とは違っても幸せだったに違いない。天才画家の割には賢しく強かなのもきっちり表現されていてよい。何より映像の美しさと彼女らしい暖かな絵。全てが芸術的。 #しあわせの絵の具
    いいね