天才

を含む「ギャングース」のつぶやき
「ギャングース」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    32
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
2,354
ポジティブ指数95
公開日
2018/11/23
配給
キノフィルムズ/木下グループ
解説/あらすじ
職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたが――。
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社
 
  • yuka
    『ギャングース』:入江悠監督は青春映画の天才だ。貧困と暴力で半死半生の棄民たち=3人の少年は『SR』の福谷コミニュティからも排除された平行世界のイック・トム・マイティに見える。出口無し。弱肉「弱」食の地獄。なのにピカレスクロマン的下克上の痛快さとも別種の泥臭くて爽やかな後味。泣。
    いいね