TOP >作品データベース >37セカンズ >レビューワード

天才

を含む「37セカンズ」のつぶやき
「37セカンズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    51
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1,704
ポジティブ指数96
公開日
2020/2/7
原題
37 Seconds
配給
エレファントハウス、ラビットハウス
上映時間
115分
解説/あらすじ
⽣まれたときに37秒間呼吸が⽌まっていたことが原因で、⼿⾜が⾃由に動かない⾝体になった貴⽥ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして働いて⾃分の作品として出せないことへの寂しさや⻭がゆさ、そしてシングルマザーでユマに対して過保護になってしまう⺟・恭⼦との⽣活に息苦しさも感じていた。⾃分にハンディ・キャップがあることをつきつけられる⽇々だか、それでも23歳の⼥性として望んでいいことだってあるはず。そんな思いの狭間で揺れる⽇々。そんなとき、ある出来事をきっかけに、ユマの⼈⽣は⼤きく変わり、⾃らの⼒で新しい世界を切り開いていくことになる――。
©37 Seconds filmpartners
 
  • yako802
    でもって「37セカンズ」のユマが幼馴染の作品という体で創作を続けているというのは、「天才作家の妻」など近年多く描かれてきた、マイノリティが陰に押し込められる問題だよね。
    いいね
  • masato009
    『37セカンズ』スポーツの天才を演じる俳優が、どんなに上手くても、決して本物の選手と同じになりえないのと同様、健常者が演じる障がい者には、やはりどこかに無理がある。本作のように、実際に身体が不自由な人の動きを画面で見ると、「肉体と重力の関係性が違う」ということがよく分かる。
    いいね