天才

を含む「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」のつぶやき
「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    21
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
25
ポジティブ指数100
公開日
2021/8/27
原題
SUMMER OF SOUL (OR, WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED)
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
解説/あらすじ
1969年、あのウッドストックと同じ夏、NYで30万人を集めたもう一つの大規模フェスがありました。若きスティーヴィー・ワンダーやB.B.キング、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズ、当時人気絶頂のスライ&ザ・ファミリー・ストーンなど、全米ヒットチャートを席巻していたブラック・ミュージックのスターが集結した幻の音楽フェス“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。しかし、その存在は50年間封印されていました…いまこの瞬間まで。
© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.
 
  • aoyadokari
    『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』あとスティービー・ワンダーは相変わらず天才ぶりを発揮してドラムを叩いていた。ニーナ・シモンは最後だったので、それまでのミュージシャンが凄かったから期待値が上がりすぎてしまった。ただ凄いアジテーションだった。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info

    follow us