TOP >作品データベース >映画 聲の形 >レビューワード

怖かった

を含む「映画 聲の形」のつぶやき
「映画 聲の形」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    127
  • 普通
    20
  • 残念
    5
総ツイート数
26,421
ポジティブ指数91
公開日
2016/9/17
配給
松竹
解説/あらすじ
“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、 硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高 校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとり の少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。
© 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
 
  • halphilog
    映画『聲の形』を観るにあたって川井の言動に目を向けられるのかどうかが一番心配だったんだけど、実際に観てみたら川井という人物の輪郭をパキッと見据えられた。川井をみるのが怖かったという気持ちを鳥瞰できて、それは自分を見つめる怖さの裏返しかもなあと気付けたりしてよかった。
    いいね
    関連動画

    follow us