TOP >作品データベース >37セカンズ >レビューワード

泣いた

を含む「37セカンズ」のつぶやき
「37セカンズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    51
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1,704
ポジティブ指数96
公開日
2020/2/7
原題
37 Seconds
配給
エレファントハウス、ラビットハウス
上映時間
115分
解説/あらすじ
⽣まれたときに37秒間呼吸が⽌まっていたことが原因で、⼿⾜が⾃由に動かない⾝体になった貴⽥ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして働いて⾃分の作品として出せないことへの寂しさや⻭がゆさ、そしてシングルマザーでユマに対して過保護になってしまう⺟・恭⼦との⽣活に息苦しさも感じていた。⾃分にハンディ・キャップがあることをつきつけられる⽇々だか、それでも23歳の⼥性として望んでいいことだってあるはず。そんな思いの狭間で揺れる⽇々。そんなとき、ある出来事をきっかけに、ユマの⼈⽣は⼤きく変わり、⾃らの⼒で新しい世界を切り開いていくことになる――。
©37 Seconds filmpartners
 
  • yachi_08
    『37セカンズ』良かった、めちゃくちゃ良かった。色んなところで 突き刺さって泣いた。終わって またすぐにもう一回見たかった…
    いいね
  • pirotuki
    映画「37セカンズ」評判どおりの凄い作品でした。 後半はもうボロボロ泣いたよ。フィクションだとは分かっているが、あの母娘がいい距離感でお互いを尊重する事ができたらいいなと、そんな事を思ってしまうくらいリアリティがあった
    いいね
  • KensakuNakamura
    「37セカンズ」観る。泣いた。不甲斐なさにヘコんでた気分が少しだけ前を向いた。ありがとうございます。
    いいね
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』13)そして何故泣いたのかを自分自身に問うた時、私たちは私たちの経験や体験は唯一無二のものであることの圧倒的な肯定だったとおもった。そしてヒロインが描いたマンガを読みたくなった。
    いいね
  • kodaken
    『37セカンズ』、フィクションだけど主役の佳山明さんは主人公同様障害を持っていてある意味リアル。でも決してお涙頂戴でも堅苦しい啓蒙映画でもない、ポップさや爽やかさもあるエンタメ作品としてよくできている。多くの人に観てほしい作品。芋生悠さんとの別れのシーンでちょっと泣いた^^;
    いいね