TOP >作品データベース >葛城事件 >レビューワード

泣けた

を含む「葛城事件」のつぶやき
「葛城事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    166
  • 普通
    13
  • 残念
    2
総ツイート数
7,213
ポジティブ指数89
公開日
2016/6/18
解説/あらすじ
美しい妻を得て、子宝にも恵まれ、がむしゃらに働いてマイホームを持ち、理想の家族を作れたと思っていた葛城清(三浦友和)。21歳になった次男・稔(若葉竜也)は無差別殺人事件を起こし、8人を殺傷した罪で死刑囚となった。なぜ息子はこんなことをしでかしてしまったのか。モンスターに育ててしまったのは自分なのか。凄惨な事件を起こす前に、自らの手で息子の息の根を止めるべきだったのか・・・理想通りに行かず粗暴になる清。会社をリストラされ孤立する長男・保(新井浩文)。妻・伸子(南果歩)は次第に精神のバランスを崩し廃人のようになっていく。さらに、死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚をする女・星野(田中麗奈)が登場するが…。
© 2016「葛城事件」製作委員会
 
  • tatsupon0423
    ようやく“葛城事件”を鑑賞。いやー舞台版同様、精神的にかなり消耗したわー⤵舞台版は父親と次男が中心て感じだったけど映画だと各登場人物をより具体的に描写出来るから、この家族の気持ち悪さがより際立ってたなー。新井浩文の長男役は泣けたわ💧
    いいね
  • c_kii
    エキストラ参加『葛城事件』試写。濃くて深くてでも見えているのは日常。これは他人の家族いや私にもわかる。身動きできない錯覚ちょっとした思考停止積み重ね。ふいに泣けたり笑えたりと、どのシーンでも誰かの何かに触れてくる切っ先足り得る。日常だから。それは毎日の中にも。6/18公開。是非。
    いいね