泣けた

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • Limawano55
    ありがとうトニ・エルドマン・長いんだと鑑賞始めましたが、独特の不思議感が重量感で(色とテンポと彼の体格か)私は面白かったです。あの子が心配でというセリフに泣けたけどこれは私も親でいい年だから。親としての願いと祈りと実行力への羨望。
    いいね