爆笑

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • hdkHz
    『ありがとう、トニ・エルドマン』には終盤で観客の大爆笑を誘うシーンがある。チャックを下げて全裸を晒す娘と、チャックを上げて毛ぐるみに身を隠す父という大事な大事な大逆転シーンがユーモア溢れまくり。サイコー!!!
    いいね
  • kentaaaaah
    「ありがとうトニエルドマン」終了。 娘を勇気づけようと繰り出すお父さんのギャグのウザさに涙して、女性の全裸に爆笑した。 父娘の物語を通じてヨーロッパの格差社会とかグローバリズムなんかの問題も浮き上がってくる。 2時間40分の長さは確かに必要な内容だったよなあ。
    いいね
  • kennnyd
    「ありがとう、トニ・エルドマン」爆笑とは違うものの、劇場内はかなりウケてました。コメディとはいっても、不思議なバランスの作品で、人生観を揺るがすポテンシャルをもってると思います。なかなかに忘れ難い映画です。とにかく、父と娘を演じる役者さんの力が絶大かなと。
    いいね
  • besi_sake
    『ありがとう、トニ・エルドマン』寝過ごしのシーン、ああ両者の気持ち分かるなぁと。父親はもっとぶっ飛んだ人物像想像してたが存外まとも。熱唱シーンに笑い、誕生パーティシーンも始めは爆笑でのちに秘書子ちゃんのナイスジョブに感動。もう1名も意外と良いヤツw 人生頑張り過ぎてる人にお勧め。
    いいね
  • ronpekun
    「ありがとう、トニ・エルドマン」、ラスト近くの誕生日パーティのシーンは本当に爆笑なのですが、映画を観終わるとなんとも云えない気持ちが残る。ちょっと処理できないぐらいの怪作だと思います。 #twcn
    いいね
  • Der_Manul
    【ありがとう、トニ・エルドマン】お互い不器用な父娘の交流を描いたドイツ映画。淡々と進行するがクライマックスには爆笑シーンも。劇的な変化・予定調和的な結末がないのはヨーロッパ的か。2時間40分は長過ぎるという感想もあったが、自分には丁度いい長さだった。
    いいね
  • kayokom14
    『ありがとう、トニ・エルドマン』‪私は父親じゃないけど、親目線で観ちゃったわ。試写会場でみんなが爆笑してるとこでなぜかシクシクする始末。うっとおしいお父さんだけど人一倍娘をシンパイしてるんだもん‬。いいお父さんじゃないかーー と。
    いいね
  • fjkatsu
    『ありがとう、トニ・エルドマン』 とっても良き映画なのでみんなにおすすめしたい作品です。162分と長いけど、最後は爆笑アンド感動で長さは感じなかった。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。

    follow us