TOP >作品データベース >怒り >レビューワード

爽快

を含む「怒り」のつぶやき
「怒り」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    209
  • 普通
    28
  • 残念
    10
総ツイート数
14,760
ポジティブ指数91
公開日
2016/9/17
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
八王子で起こった夫婦殺人事件。現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形し、全国に逃亡を続ける犯人の行方は知れず。事件から1年後。千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)・愛子(宮?あおい)親子の前に現れた田代(松山ケンイチ)。東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)が街で偶然出会った直人(綾野剛)。沖縄の女子高生・泉(広瀬すず)が無人島で遭遇した田中(森山未來)。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのか? あなたを信じたい――。そう願う我々に驚愕の結末が突きつけられる。
© 2016「怒り」製作委員会
 
  • kenji_arita
    『怒り』観終わったところで、さっきまで感じてた個人的な怒りが解消。 スッキリ爽快。 これ、時系列ずらして最後皆犯人だったとかいう展開だったらどうなってたんだろ。 にしても新宿は個性的な人が多いな。
    いいね
  • G13Type_Tractor
    「怒り」はゲイゲイしかったけど、全体的に美しい映画であった。爽快感とは真逆だけど。 衝撃的な映像を出してそれを感動と取り違えさせる手法ってのがあると思うんだけど、この映画の場合はどれも必要な画だったように思う。 しかし、原作ではもう少し犯人について掘り下げられているのだろうか。
    いいね
  • 1919analman
    ①HKTのドキュメンタリーは、映画館でボロ泣きした。指原莉乃の残酷さと優しさが詰まってる。ちょっと別格。②③広瀬すず補正あり。役者の使い方が「シン・ゴジラ」と真逆。個人的に「怒り」はウェットな邦画の最高峰。④爽快感が桁違い。⑤超おもしろいけど、どうしても頭の隅にエロゲがよぎる。
    いいね