爽快

を含む「コンフィデンスマンJP」のつぶやき
「コンフィデンスマンJP」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
74%
  • 良い
    46
  • 普通
    12
  • 残念
    4
総ツイート数
109
ポジティブ指数92
公開日
2019/5/17
配給
東宝
解説/あらすじ
華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)ダー子、ボクちゃん、リチャード。次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝でその冷酷さから<氷姫>という異名をもつラン・リウ。彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦。そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。そして以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に――。
©2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会
 
  • 4usoitk
    『コンフィデンスマンJP』ダー子が勝つという結末がわかっているだけあって途中の展開に真実味がなく種明かしされても爽快感がない。古沢さんの実力はこんなものではないとおもんだけどなぁ
    いいね
  • ichiwheat
    【コンフィデンスマンJP】TVドラマ版未見。騙していた筈が実は騙されていた…的な反転が何度も来ること自体もう想定範囲内なので、これほどセコく爽快感の乏しいドンデン返し続きも珍しい。当然、細部の殆どが後出しなので何でもありになってしまうから次第にシラけ切っていったよ。残念。 #映画
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード

    follow us