TOP >作品データベース >葛城事件 >レビューワード

破綻

を含む「葛城事件」のつぶやき
「葛城事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    163
  • 普通
    13
  • 残念
    2
総ツイート数
7,203
ポジティブ指数89
公開日
2016/6/18
解説/あらすじ
美しい妻を得て、子宝にも恵まれ、がむしゃらに働いてマイホームを持ち、理想の家族を作れたと思っていた葛城清(三浦友和)。21歳になった次男・稔(若葉竜也)は無差別殺人事件を起こし、8人を殺傷した罪で死刑囚となった。なぜ息子はこんなことをしでかしてしまったのか。モンスターに育ててしまったのは自分なのか。凄惨な事件を起こす前に、自らの手で息子の息の根を止めるべきだったのか・・・理想通りに行かず粗暴になる清。会社をリストラされ孤立する長男・保(新井浩文)。妻・伸子(南果歩)は次第に精神のバランスを崩し廃人のようになっていく。さらに、死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚をする女・星野(田中麗奈)が登場するが…。
(C)© 2016「葛城事件」製作委員会
 
  • B612_ver1
    映画「葛城事件」、向き合う所に目を背けて作り上げて行くそれぞれの居場所。 その気持ちの行き先は一方通行ですれ違い、気がつけばじわじわと破綻へと向かって行くその光景にやりきれない気持ちを覚えた。 物語を観ていて、心の中心が空洞化して行く感覚があって。
    いいね
  • luv_7111
    まだまだ葛城事件のこと。ワード検索するとどの事件がモデルかという記事ばかり目立つけど、実際のどの事件なのかとかはこの作品においては正直どうでもいいことだと思う。事件がきっかけではなく、破綻していた日常が事件のきっかけなのだから、家族の中のひとつの日常の結果にすぎない。
    いいね
  • nyanchi_nyan
    葛城事件、胸クソ悪い映画ではあるけど、俳優のレベルが高いので、微かな心の動きで展開する場面が妙に小気味良く、素晴らしかった。てか登場人物が皆普通じゃない、間違いを怖れずに書くと「人格破綻」しているので、こんなん演技のレベルが高くないと映画の方が破綻するわ。
    いいね