破綻

を含む「夜明け告げるルーのうた」のつぶやき
「夜明け告げるルーのうた」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    103
  • 普通
    7
  • 残念
    2
総ツイート数
7,918
ポジティブ指数90
公開日
2017/5/19
配給
東宝映像事業部
上映時間
113分
解説/あらすじ
寂れた漁港の町・日無町に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。両親の離婚によって日無町に居を移したカイは、父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向き。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国夫と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう――。
(C)2017ルー製作委員会
 
  • panzer4gou
    「夜明け告げるルーのうた」見た!正直、最近見たアニメ映画で一番ホッコリした!! 大塚康生さんがアイデア先行のアニメ映画を〝ショッピングセンター型アニメ〟と表現されるけど、まさにルーはショッピングセンター型です。ただ、ストーリーの破綻などはなく、最後はグッと胸くる優しい作品でした。
    いいね
  • TaulNcCar
    『夜明け告げるルーのうた』鑑賞。湯浅監督の長編は初。少年の人魚との交流や成長かと思いきや、ポスト311色が強くなり様々な愛と生と死を謳い上げる一大スペクタクルがやってくる。自由に弾けるアニメの力と歌の魅力。祖父の邂逅には泣いた。ただ詰め込み過ぎとキャラの破綻は惜しい感じも残る。
    いいね
  • lemonlife_8bit
    『夜明け告げるルーのうた』整合性とかストーリーの完成度とかで見ちゃいけない、とことんまで意図的破綻と混沌の発するバイブスに感覚を傾ける映画。基調となるテーマがあるとすれば、ルーの発する「みんなともだち」という言葉に尽きるだろうか。骨だけのお魚さんでさえ猛烈に愛おしくなる。大好き。
    いいね
  • pumpkin_crack
    夜明け告げるルーのうた 見終ってみれば、宮崎駿がシナリオ術を放棄して以降日本のオリジナルアニメの定番となった「終盤雰囲気カタルシスで脚本が破綻する」パターンなのですが、どこでそこにスイッチしたのかわからない程度には前半から中盤までの見る快楽ったら無かったのは、たしか
    いいね
  • tsumetsume13
    「夜は短し、歩けよ乙女」は最高だったが、「夜明け告げるルーのうた」も素晴らしい。後半は話として完全に破綻してる感じだが力技で最後まで突っ走る。 意外にもトラウマシーン満載なのも良い。
    いいね
  • anisan
    映画『夜明け告げるルーのうた』を観ましたよ。湯浅政明監督の人物、というか生物の描写、スゲえとしか言いようがないです。ほぼ途絶えているハンナ・バーベラ的な戯画アクションを更に押し進めたような、オリジナル極まりない描き方。一枚絵だと破綻してそうなのに、動いてると最高に味があるのです。
    いいね